川崎区・幸区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

都市計画素案をとりまとめ 19日から市内3カ所で説明会

社会

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は都市計画再開発や住宅市街地の開発整備、防災街区整備などの方針を示した「都市計画素案」を取りまとめた。今月中旬から市内3カ所で説明会が行われ縦覧とあわせ、市民意見を募る。

 川崎市が目指す都市づくりの方向性を示し、市街化区域と市街化調整区域の区分や主要な都市計画の決定方針、概ね10年以内に整備する主要な施設等を定める。

 都市再開発の方針として、計画的に再開発が必要な、「1号市街地」として新百合ヶ丘駅周辺地区を追加。また、早急に再開発を行うことが望ましい「整備促進地区」に塩浜3丁目周辺市区を盛り込んだ。

 住宅市街地の開発整備方針では、幸町周辺地区を新規追加。小田周辺地区、新川崎・鹿島田・平間駅周辺地区、小杉駅周辺地区、蟹ヶ谷地区で区域面積を拡大させた。

 防災街区の整備方針は、防災上の危険性が特に高い小田周辺地区と幸町周辺地区を防災再開発促進地区に指定。富士見鶴見線と小田公園を防災公共施設に指定した。

 住民説明会は▽5月19日(木)=麻生市民館(午後7時から8時30分)▽5月22日(日)=川崎市役所第4庁舎(午前10時から11時30分)▽5月24日(火)=川崎市総合福祉センター〈エポックなかはら〉(午後7時から8時30分)――の3回、縦覧は5月20日(金)から6月7日(火)に市役所まちづくり局計画部都市計画課、各区役所市政資料コーナー、各区図書館で実施され、市民意見を募る。今夏には公聴会が行われ、年度末に策定される。問い合わせは、川崎市まちづく局計画部都市計画課(【電話】044・200・2720)。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

生ごみ再利用考える集い

生ごみ再利用考える集い 文化

1月29日、中原区で

1月14日号

申し込み支援を延長

川崎市

申し込み支援を延長 社会

マイナポイント第2弾で

1月14日号

過去5年で最多の363件

川崎市火災件数

過去5年で最多の363件 社会

原因に連続放火など

1月14日号

密避け、成人の門出祝う

川崎市

密避け、成人の門出祝う 社会

6163人が会場参加

1月14日号

海の環境を考えよう

海の環境を考えよう 教育

30日、マリエンで教室

1月14日号

新春寄席で笑いを

新春寄席で笑いを 文化

1月29日 東海道交流館で

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook