川崎区・幸区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

4月から川崎市市民ミュージアムの館長を務める 高田 智幸さん 都筑区在住 55歳

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

太陽のように笑顔で照らす

 ○…来年度から指定管理者制度が導入される市民ミュージアムの館長。「1988年に開館し、以降、博物館と美術館の複合文化施設として多くの来場者を迎え入れてきたミュージアムがさらに魅力的な施設になるようしっかりと引き継ぎをしたい」と目標を語る。過去に岡本太郎美術館の副館長を務めた経験を活かし手腕を発揮する。

 ○…文化や芸術の魅力に惹かれるようになったのは、入庁後すぐに市民祭りのADを務めたことがきっかけ。「まちのアーティストらを集めてイベントを企画するのが普段の行政仕事とは少し違って面白かった。仕事後の活動だったがまったく苦にならなかった」と振り返る。川崎が誇る芸術家の岡本太郎さんを尊敬し、「アートに見え隠れする社会へのメッセージや文化などをイマジンすることが楽しい」と目を輝かせる。

 ○…中原区下小田中出身。学生時代に公害に侵されるまちの様子やプロ野球球団ロッテの千葉移転などを目にし、「川崎が過小評価されているのではないかと感じた。誇らしく生きられるまちに変えていかなければならない」と市の職員になることを決意した。南部市場で初の仕事をスタートさせ、経済局でサイエンスパークの立ち上げに関わり、農政課では青年後継者育成に従事。総合企画局での総合計画の策定、多摩区役所企画担当課長として大学と連携した街づくりなど大きなプロジェクトに携わってきた。「そこで学んだのは伝統を引き継ぎながらフロンティアスピリットに火をつけることの大切さ」

 ○…現在のまちの発展には驚きを見せるものの、「そこに住む方の生きざまやおもむきを感じることができる」と話す。プライベートの目標はダイエット。「明るく健康で文化的でいるため」と笑う。温厚な笑顔が印象的で「太陽のように周りに元気を与えたい。太陽の明るさは無償ですからね。これも太郎さんの影響ですね」と微笑む。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

中村 純子さん

幸区を拠点に、地元カフェや市内介護施設などでオカリナ演奏を行う

中村 純子さん

幸区鹿島田在住 58歳

9月13日号

中山 紳一さん

40の市民スポーツ団体などが加盟する(公財)川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

畑 智晃さん

不登校の当事者やその保護者に向けたイベントを8月に主催した

畑 智晃さん

幸区南加瀬「寂光庵」僧侶 39歳

8月30日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加藤哲郎さん来たる

近鉄OB

加藤哲郎さん来たる

 10・19から31年

10月19日~10月19日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク