川崎区・幸区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

ヘルパンギーナ 流行警報が発令 市が予防呼びかける

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 夏を中心に流行するウイルス性の感染症「ヘルパンギーナ」の患者が市内で急増し、川崎市健康福祉局は21日、2年ぶりに流行発生警報を発令した。市は感染防止の注意喚起を行っている。

 流行状況を示す市内37の定点(小児科)あたりのヘルパンギーナの患者報告数は、第28週(7月11日から17日まで)で7・84人と前週の4・54人から大きく増加。定点あたりの警報基準値である6人を超えた。

 ヘルパンギーナは、夏風邪の一種で高熱や喉の痛み、白い水泡性の発疹などが現れるウイルス性の感染症。主に5歳以下の乳幼児がかかりやすく、夏を中心に流行し、毎年7月に患者数のピークを迎える。感染経路は、患者の咳やくしゃみ、水泡内容物に触れた手など。

 症状改善後も便には約1か月にわたりウイルスが排出されるため、注意が必要だという。

 県内では7月上旬から患者報告数が増加。第28週の定点あたりの患者報告数が6・14で警報発令レベルの6を超えたため、県も同日、流行警報を発令した。

 市健康福祉局担当者は「子どもに多い病気なので、今一度手洗い、うがいの励行を」と感染予防を呼びかける。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

殿町に気候変動情報拠点

川崎市

殿町に気候変動情報拠点 社会

市に施策提言も

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

子連れ献血4月開始

ルフロンルームで

子連れ献血4月開始 社会

市民の声 契機

3月27日号

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的言動などを例示

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク