川崎区・幸区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

ヘルパンギーナ 流行警報が発令 市が予防呼びかける

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 夏を中心に流行するウイルス性の感染症「ヘルパンギーナ」の患者が市内で急増し、川崎市健康福祉局は21日、2年ぶりに流行発生警報を発令した。市は感染防止の注意喚起を行っている。

 流行状況を示す市内37の定点(小児科)あたりのヘルパンギーナの患者報告数は、第28週(7月11日から17日まで)で7・84人と前週の4・54人から大きく増加。定点あたりの警報基準値である6人を超えた。

 ヘルパンギーナは、夏風邪の一種で高熱や喉の痛み、白い水泡性の発疹などが現れるウイルス性の感染症。主に5歳以下の乳幼児がかかりやすく、夏を中心に流行し、毎年7月に患者数のピークを迎える。感染経路は、患者の咳やくしゃみ、水泡内容物に触れた手など。

 症状改善後も便には約1か月にわたりウイルスが排出されるため、注意が必要だという。

 県内では7月上旬から患者報告数が増加。第28週の定点あたりの患者報告数が6・14で警報発令レベルの6を超えたため、県も同日、流行警報を発令した。

 市健康福祉局担当者は「子どもに多い病気なので、今一度手洗い、うがいの励行を」と感染予防を呼びかける。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「紙ねんど」で文具大賞

「紙ねんど」で文具大賞 社会

久保田社長、喜び語る

10月16日号

「違法駐輪」に困惑

銀柳街

「違法駐輪」に困惑 社会

駐輪場移設が影響か

10月16日号

初の機能別団員 誕生

川崎消防団

初の機能別団員 誕生 社会

大規模災害など活動限定

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 経済

市、税収流出に歯止め

10月9日号

「市民の手」2割未満

川崎市植樹運動

「市民の手」2割未満 社会

公共施設・事業所が大半

10月2日号

鉄道のまち感じて

鉄道のまち感じて 文化

幸区役所がイベント

10月2日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

ヤマハ 秋のおためしレッスン

教室内は感染症対策を徹底。ソーシャルディスタンスを保ってできるので安心です。

https://www.yamahamusic.jp/lesson/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク