川崎区・幸区版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

シリーズ わが社の文化【1】 書を通じて社員教育 ユースキン製薬(株)

経済

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
講師の叶春華氏(中央)を囲み、自作を手にする会員右手前が野渡社長
講師の叶春華氏(中央)を囲み、自作を手にする会員右手前が野渡社長

 ハンドクリームをはじめとした医薬品を製造販売する「ユースキン製薬(株)」(本社・貝塚)で月に一度、社内書道同好会「悠書会」が3年前から開かれている。

 同社代表取締役社長を務める野渡和義さんは書に造詣が深く、常々日本語を大切にしている。履歴書や「気持ちを出さなければならない」大事なレポートは、必ず手書きでの提出を求めている。同好会は「社員文化レベルを上げたい」という親心から始まった。 

 会の名称「悠」は、中国、台湾でユースキンという名を使う際に使用している字に由来。同好会とはいうものの、講師には気鋭の書家として書壇で注目されている叶春華(華心会主宰)さんを招く本格的なものだ。

 仕事を忘れつつ、字を書くことで集中力を養い、精神統一を図ることができるのが最大のメリット。社員からは「上達を感じる」といった声や「宛名を書く意識が変わった」と仕事に役立っている実感も聞こえてくる。



 区内に事務所を置く会社のちょっとした活動から見える風土や文化を紹介。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

養護施設に洋食提供

養護施設に洋食提供 社会

川崎マリーンRC

6月18日号

アサガオでおもてなし

大島小

アサガオでおもてなし 教育

東京オリ・パラに向け

6月18日号

市民祭り開催断念

市民祭り開催断念 文化

60万人規模 安全確保難しく

6月18日号

地元選出議員が登壇

地元選出議員が登壇 社会

市議会 18日から一般質問

6月18日号

香辛子を大学生がPR

香辛子を大学生がPR 教育

市職員らと意見交換

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter