川崎区・幸区版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

シリーズ わが社の文化【3】 名言、格言を指針に (株)石川商事

経済

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
名言などをノートに書き記す石川社長
名言などをノートに書き記す石川社長

 東門前で不動産賃貸管理を営む(株)石川商事の石川弘行代表取締役社長は毎年の年始、四字熟語を短冊にしたため、会社の方針として示している。会社設立33年目を迎える今年は「一言報恩」(声をかけてもらった恩を忘れず感謝する)の言葉を選んだ。近い将来、50人体制での会社運営を視野に入れる中、今一度、創業時の原点に立ち返らねばならないとの思いを込めている。

 あえて短冊にしたためるのは言葉の重みを噛みしめるためでもある。時にはスタッフに激励のメッセージを直接送り、社員のやる気を促している。言葉を文字にすることはひいては「人間の持つ煩悩を打ち消し、仕事を後ろ回しにしない体質につながる」と石川社長は力を込める。

 自身、読書家で老子、荘子といった中国古典はもとより、宗教、哲学、政治、小説など様々なジャンルの本を読み漁り、血肉としてきた。だからこそ若い社員には「年歳プラス50冊」、年配社員には「年齢プラス30冊」と読書のすすめを説く。

 寄付活動をはじめとしたボランティア活動にも勤しむ中、次世代を担う若手育成にも関心を示す。いつかは伊藤博文や山縣有朋らを輩出した「松下村塾」のような私塾の創設を夢見る。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

出演者を募集

ハナミズキコンサート

出演者を募集 文化

来年2月13日開催

7月23日号

地域環境美化活動で表彰

地域環境美化活動で表彰 社会

高野さん、福田さん

7月23日号

未購入者1万1012人

じもと応援券

未購入者1万1012人 経済

追加で全員当選

7月23日号

新本庁舎彩る写真募集

英国代表、市民と交流

東京五輪ラグビー男子

英国代表、市民と交流 スポーツ

等々力で練習初公開

7月23日号

「生中継の充実」視野に

かわさきFM

「生中継の充実」視野に 社会

大西新社長、市長を訪問

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter