川崎区・幸区版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

(仮称)小杉町二丁目コンベンション施設 指定管理者の公募始まる 収益性や稼働率などを審査

社会

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena
ホールの完成イメージ
ホールの完成イメージ

 川崎市は、来年4月に完成予定の「(仮称)小杉町二丁目地区コンベンション施設」(中原区)を管理運営する指定管理者の公募を始めた。高い収益性や稼働率などを見込める業者を3月までに選定し、6月の市議会を経て決定する。

 小杉町二丁目に建設中の53階建マンションの2階に入るコンベンション施設は、ものづくり産業や企業・大学等の研究機関が集積する市の状況を踏まえ、その研究者や技術者らの交流機会を創り、地域経済の活性化等に繋げることが目的。施設はホール(921平方メートル)、会議室(計163平方メートル)、待合や休憩の場となるホワイエ(412平方メートル)、控室(計55平方メートル)からなり、運営は全て指定管理者が行う。

 市が指定管理者を決めるポイントは、高い収益性や市内外からの利用者の稼働率向上の他、市内企業との連携、地域住民への配慮、市民が利用可能なプランなどを審査項目とする。

自給自足の運営求める

 市では通常、施設の指定管理者に運営経費として「指定管理料」を支出している。しかし、このコンベンション施設には指定管理料を払わず、徴収した利用料での運営となる。これについて市の担当者は「武蔵小杉という利便性や立地等を考えると充分に需要が見込め、一定の収益を上げられると判断した」としている。また、想定している利用者が、主に一般市民ではないことも理由の一つだ。

 施設利用料は、「指定管理者の運営経費を確保でき近隣施設との競争力のある料金」として、昨年12月に制定された川崎市コンベンションホール条例を基に指定管理者が決める。利用料金の上限額を他よりも低く設定した点について市は「新規の施設で信頼性も確立されていない中、顧客を開拓するためには利用しやすさが重要」としている。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

養護施設に洋食提供

養護施設に洋食提供 社会

川崎マリーンRC

6月18日号

アサガオでおもてなし

大島小

アサガオでおもてなし 教育

東京オリ・パラに向け

6月18日号

市民祭り開催断念

市民祭り開催断念 文化

60万人規模 安全確保難しく

6月18日号

地元選出議員が登壇

地元選出議員が登壇 社会

市議会 18日から一般質問

6月18日号

香辛子を大学生がPR

香辛子を大学生がPR 教育

市職員らと意見交換

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter