川崎区・幸区版 掲載号:2017年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市ふるさと納税 12億2千万円の赤字 市「制度上やむをえず」

経済

 ふるさと納税による川崎市の2015年度の税収赤字が、12億2千万円に上ることが分かった。その額は今年度もさらに増えるとみられるが、市は制度本来の趣旨に沿って寄付を受け入れていく構えだ。

 ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付することで、その額に応じて所得税や住民税が控除される制度。自治体が掲げる政策に対し寄付金の使い道を指定できたり、返礼品として自治体の特産物がもらえたりするメリットもあり寄付額は全国的に増えている。人口減少に悩む地方自治体にとっては税収を確保できる策とあって、豪華な返礼品で寄付を集めようとするなどその過熱さが増している。

 川崎市でも「川崎市ふるさと応援寄附金」として寄付を呼びかけているが、2015年度は寄付の受入れ額よりも他自治体への寄付による住民税の流出額の方が大きく上回った。その額は12億8145万4千円に上り、寄付の受入れ額5973万2644円との差額は12億2172万1356円のマイナスとなった。また、今年度も4月から12月までの寄付の受入れ額は1936万1914円に留まり前年度を下回る見通しで、流出額についても18億円に上るとする総務省の試算も出ている。

「政策で競う」

 この状況について市財政局は「地方創生のための制度であり、都市から地方に税金が流れるのは制度上やむをえない」との姿勢だ。また、返礼品についても「本来の趣旨からして、大都市が返礼品競争に加わるのは適当でない」との考えを示している。川崎市には「かわさきそだち」などの農産物や、「川崎ものづくりブランド」としてPRする工業製品など特産品も多い。しかし、市は10万円以上の寄付に限り「感謝状と生田緑地関連グッズの記念品」を返礼品としているのみだ。

 市は返礼品の充実ではなく、「応援したくなる政策」で寄付を受入れようと、寄付金の使い道として子育て支援や音楽・映像・スポーツ推進への活用など21項目を掲げている。一昨年には「動物愛護センターの動物への支援」を新たに追加し、項目別で最も多い565万2600円(98件)の寄付を集め一定の成果を出した。国が豪華な返礼品に対する改善策の検討に入る方針を示す中、市は「今後の動向を注視しつつ制度本来の趣旨に沿った見直しを図っていきたい」としている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

ジェノサイドの可能性警告

「夏詣」でまちおこし

若宮八幡宮

「夏詣」でまちおこし

7月13日号

「8度目V」市民に誓う

東芝野球部

「8度目V」市民に誓う

7月6日号

助成に「所得制限なし」

小児医療入院費

助成に「所得制限なし」

7月6日号

災害時捜査に鳥の目

特養 申込窓口を一元化

川崎市

特養 申込窓口を一元化

6月29日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

閻魔大王を公開

一行寺

閻魔大王を公開

7月16日

7月16日~7月16日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク