川崎区・幸区版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

市看護協 人材不足の解消めざす 復職への対策強化

社会

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は人口10万人あたりの看護職の数が全国でワースト2位で、川崎市はその平均をさらに下回る。看護職不足の現状や解消に向けての取組みを公益社団法人川崎市看護協会の広瀬壽美子会長に聞いた。

◇  ◇  ◇

 看護職とは保健師、助産師、看護師、准看護師のこと。看護職の数は増加しており、同協会も「市の看護短大の定員割れはなく、看護職をめざす人材の数は減っていません」と話す。一方で、高齢社会の進展、在宅医療の推進、地域包括ケアの取組みなどで看護職のニーズは高まり、人材不足は深刻になっている。中でも看護師は顕著で、川崎市の人口10万人に対する数が646・8人(県672・1人/全国855・6人)と、全国平均を下回っている。

復職強化などで人材確保に努める

 同協会では、人材不足の解消へ向け、潜在看護師の復職強化など、さまざまな対策を行っているという。「昨年初めて開催した看護ジョブフォーラムでは、看護師の資格を持つ人を対象に仕事の現状説明や個別相談に応じ、実際に就労に結びついた。また、潜在看護師の研修を行い、現在の業界の現状やスキルアップを後押しするなどして、人材確保に努めている」と広瀬会長は話す。

 同協会は、「復職できる環境やしくみ作りが重要。出産や育児で一度辞めてしまうと、看護の職場に戻ってくるかわからない。『もう一度やってみよう』と思えるきっかけを提供できるようにしたい」と話す。

5月27日は看護フェスタ

 同会では、看護を広く知ってもらおうと、看護の日(5月12日)に合わせて、5月27日(土)川崎ルフロンで『看護フェスタinかわさき2017』を開催する。午前11時から午後3時30分まで。看護学生によるステージ発表や健康チェック、看護職の就職相談などイベントがもりだくさん。広瀬会長は「いろいろなイベントを企画してお待ちしています。当日はぜひ足を運んでいただければ」と話す。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

賀詞交換、紙上で

川崎区

賀詞交換、紙上で 文化

幸区は開催を断念

11月20日号

念願の県大会初V

大師中軟式野球部

念願の県大会初V スポーツ

来年3月 全国大会へ

11月13日号

臨海部活性へ投資促進策

臨海部活性へ投資促進策 社会

市が制度案公表

11月13日号

ケンゴ、今季限りで引退

川崎F

ケンゴ、今季限りで引退 スポーツ

市、功労賞贈呈を検討

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

看護大開設へ認可申請

川崎市

看護大開設へ認可申請 教育

2022年4月開学予定

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク