川崎区・幸区版 掲載号:2017年6月2日号 エリアトップへ

プロバスケBリーグ 川崎 初代王者ならず 互角の攻防、栃木に惜敗

スポーツ

掲載号:2017年6月2日号

  • LINE
  • hatena
栃木・田臥選手(右)と司令塔対決を繰り広げた篠山選手
栃木・田臥選手(右)と司令塔対決を繰り広げた篠山選手

 プロバスケットボール「Bリーグ」1部のチャンピオンシップ決勝が5月27日に東京・国立代々木競技場で行われ、中地区1位の川崎ブレイブサンダースは、東地区1位の栃木ブレックスに79―85で惜敗。リーグ開幕元年を飾る初代王座を獲得できなかった。

 観客1万144人を集めた頂上決戦は、今季49勝11敗でレギュラーシーズン勝率1位の川崎と、日本人唯一のNBA(米プロバスケ)プレー経験者の田臥勇太選手(36)が主将を務める強豪栃木の対決になった。

残り1分まで1点差ゲーム

 川崎は序盤から主将の篠山竜青選手(28)を起点に得点を重ね、21―21の五分で第1クオーターを終えた。6点を追う展開で前半を折り返したが、第3クオーターを終え63―59の4点リードで最終クオーターに突入。ラスト残り1分台まで1点差を争う点の取り合いが続いたが、栃木の猛攻で徐々に点差が開き始める。エースの辻直人選手(27)、篠山選手が3点シュートを狙うなど最後まで粘りを見せるも決まらず、6点差で試合終了を迎えた。

 川崎の北卓也ヘッドコーチ(45)は「栃木ファンが圧倒的に多くて人気のあるチームだなと感じたが、負けたのは私の責任。Bリーグも天皇杯も決勝に行って、同じ悔しい思いをさせてしまった」と振り返り、「リーグとチームを盛り上げるために、選手たちは1年間本当によくやってくれた」と感謝を込めた。

 篠山選手は「田臥さんに『まだまだ甘いよ』と言われているような試合になった。勝負所で(自分は)パスミスをしたが、田臥さんは得点につながるプレーを選択していた。プレーの質一つひとつがまだまだ」と分析。「リーダーシップをとって、チームを勝利に導けるポイントガードに成長したい」と奮起を誓った。

 栃木の田臥選手は「チーム全員で積み重ねてきたことが決勝で形になった。これだけ多くのお客さんの前で試合ができるのは、選手としてこんなに嬉しいことはない」と充実感をにじませた。

 多摩区から訪れた石垣謙一さん(56)は「(川崎は)勝率もずっとよかったし、チームとして安定していた。この力を引き継いで来季も頑張ってほしい」と激励。新潟県から応援に駆けつけた福嶋沙也佳さん(30)は「勝つと思っていたので、すごく悔しい。川崎は誰かがミスしてもカバーするし、一体感がある。リーグで一番チームワークがいいと思う。来季こそ優勝してほしい」と胸中を語った。

優勝セレモニーを見つめる選手ら
優勝セレモニーを見つめる選手ら

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

手続きオンライン化 検討

川崎区役所大師、田島支所

手続きオンライン化 検討 社会

機能再編へ実施方針案

3月5日号

ライバル2社が「連結」

JR×京急

ライバル2社が「連結」 文化

観光企画で「電車乗って」

3月5日号

川崎「聖地」目指す

eスポーツ

川崎「聖地」目指す スポーツ

プロチームが地域活動計画

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

地域一体で開設400年へ

【Web限定記事】東海道川崎宿

地域一体で開設400年へ コミュニティ文化

関係地区の活性化図る

2月19日号

川崎西口にエンタメホール

【Web限定記事】

川崎西口にエンタメホール 社会

2022年度中の運用開始目指す

2月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク