川崎区・幸区版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

多目的ホール「ラゾーナ川崎プラザソル」の館長に6月1日付で就任した 高畠 正晶さん 中原区在住 61歳

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena

笑いを誘う俳人

 ○…川崎駅西口の商業施設ラゾーナ川崎にあるホール「ラゾーナ川崎プラザソル」の館長に就任し、運営に奮闘する。寄席や演劇、ライブなどに使われる同館の席数は約200と、周辺の施設に比べて小規模。その分、舞台と観客の距離が近く、一体感を味わいやすいのが魅力だという。「幅広い世代の人が笑いや感動を共有できる場所にしていきたい」と意気込む。また若い世代の来場を増やせるよう、若手の公演支援やPRにも力を入れていく。

 ○…大学卒業後、川崎市役所に入庁し、定年まで主に生涯学習に携わった。教育文化会館館長時代には、2015年に多摩川で中1生が殺害された事件が発生。二度と同じ事件が発生しないよう、子どもが集まる施設の館長を招いた講演会を開催し、地域で子どもを育む必要性を市民に訴えた。「行政だけでできることは限られている。子どもへの声掛けなど地域の人が自分にできることから始めて、地域の人との関わりを増やすことが必要」。

 ○…中原区生まれ、中原区育ち。性格は「真面目で嫌なことはすぐに忘れるタイプ」と、切り替えが早い。朝はラゾーナ川崎内でコーヒーを買い、シャキッと目を覚まして業務に臨む。日中は収支やイベントの報告書作成など、裏方として館の運営を支える。終業後の楽しみは、飲みに行くこと。「川崎の飲み屋は大体行った」と微笑む。常連同士でテレビを観ながら酒を酌み交わし、リフレッシュする。

 ○…趣味は「長い老後の楽しみを作りたい」と約5年前に始めた俳句。現在は月1回の句会に参加し、仲間との交流を楽しむ。花見を兼ねて函館まで足を延ばすこともある。ダジャレを交えた句が好評で、講師からは「正岡子規や松尾芭蕉がいなければ、俳句の巨匠になっていたのでは」と評されるほど。ダジャレは「会話をスムーズにするために必要なもの」。若手の多い職場では冗談で空気を和ませ、働きやすい環境を作る。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

須山 守さん

そば職人として2020年度「かわさきマイスター」に認定された

須山 守さん

川崎区大師町在住 62歳

3月5日号

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

橘 孝さん

【Web限定記事】「羽田増便による低空飛行ルートに反対する川崎区民の会」の代表世話人を務める

橘 孝さん

川崎区田町在住 71歳

2月19日号

鶴田 ちなみさん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」のメンバーで幸区を担当する

鶴田 ちなみさん

幸区出身 

2月12日号

土谷 文明さん

1月6日付で川崎日航ホテル総支配人に着任した

土谷 文明さん

宮前区在住 54歳

2月5日号

岡田 恵利子さん

「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の川崎支部を立ち上げた

岡田 恵利子さん

幸区中幸町在住 38歳

1月29日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク