川崎区・幸区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

大祓で茅の輪くぐり 半年の穢れ祓う

文化

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
幸区の天照皇大神で茅の輪を潜る参列者(昨年)
幸区の天照皇大神で茅の輪を潜る参列者(昨年)

 半年間の罪や穢れを払う儀式「大祓式(おおはらえしき)」が6月30日、宮中や全国の神社で執り行われる。

 大祓は、日常の中で無意識に触れている罪や穢れを形代に移し、茅の輪を潜って身を清める儀式。形代は身代わりになるもので、自身や家族、ペットの名前などを記入する。大祓は年2回、6月と12月末に行われている。

 稲毛神社(市川緋佐麿宮司)では「水無月大祓式」と呼ぶ。参列者には大祓御幣と厄除けや暑気払いの願いが込められた菓子を配布する。

 主な神社での開催時間は以下の通り【川崎区】▽稲毛神社/午後3時、7時▽若宮八幡宮/午後7時▽大師稲荷神社/午後6時【幸区】女躰神社/午後5時

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「思いよ、天まで届け」

「思いよ、天まで届け」 文化

東小倉小でどんど焼き

1月22日号

2020年あなたのベスト映画は何?「かわさきシネマアワード」開催

アマ落語家、渾身の寄席

アマ落語家、渾身の寄席 文化

30日、かわさき宿交流館

1月22日号

川崎市、新型コロナワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、新型コロナワクチン接種訓練実施へ 社会

27日 全国自治体で初

1月22日号

黒岩知事が商店街視察

黒岩知事が商店街視察 社会

外出自粛を呼びかけ

1月22日号

スマホで119番通報 聴覚、発話障害により音声での緊急通報が不安な人に

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク