川崎区・幸区版 掲載号:2017年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

稲毛神社若宮八幡宮 熱気の夏祭りいよいよ 神輿連合渡御や演芸など

文化

神輿が祭りを盛り上げる
神輿が祭りを盛り上げる
 夏本番を迎え、各地で夏祭りが行われるなか、川崎区の夏の風物詩として知られる稲毛神社(市川緋佐麿宮司)の山王祭、若宮八幡宮(中村博行宮司)の夏祭りがそれぞれ来週行われる。

 稲毛神社「山王祭」(8月1・2・4・5・6日)

 1日(火)は午後6時から宵宮祭、2日(水)は午前10時に山王祭の核となる例祭、午後2時から県指定民族文化財にも選ばれている古式宮座式が実施される。

 4日(金)は氏子有志による歌や踊りなどの奉納演芸が行われる。

 例年盛り上がりを見せる町内神輿連合渡御は5日(土)午後1時から4時頃まで。氏子町会の神輿が駅前方面、市役所周辺を巡り、列をなして稲毛神社へ向かい渡御を行う。

 6日(日)は「孔雀」「玉」と呼ばれる2基の神社神輿が氏子23町会を巡行し、子育て祈願をする神幸祭が行われる。

 4日(金)から6日(日)は連日、境内露店が出て祭りを盛り立てる。

 詳細は稲毛神社【電話】044・222・4554まで。

 若宮八幡宮「夏祭り」(8月5・6日)

 5日(土)の宵宮祭は午後4時、南大師中学校吹奏楽部による奉納演奏から始まる。6時からの奉納演芸ではアゼリア合奏団inシニアによるスペシャルライブの他、町内会対抗のど自慢大会なども行われる。

 6日(日)の神輿連合渡御は今年で33回目を数える。「神輿のお山入り」と称され、各町内神輿が若宮八幡宮の境内に集結し、川崎大師平間寺境内の山門をくぐり加持を受けるという、全国的に珍しい祭礼行事で、毎年多くの参加者と観光客で賑わう。午前10時から正午の予定。

 また藤崎剣友会による奉納試合は午後4時から行われ、奉納演芸は午後5時30分から。午後6時からスペシャルライブを行うご当地アイドル「川崎純情小町☆」のほか、17組が舞台に立つ。

詳細は若宮八幡宮【電話】044・222・3206まで。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

「かこさん創作原点知って」

北野書店

「かこさん創作原点知って」

5月18日号

申請増、新基準で18人

川崎市待機児童

申請増、新基準で18人

5月18日号

「事務支援員」3校で試行

市立小学校

「事務支援員」3校で試行

5月11日号

南北統一、川崎から期待

北加瀬に新しい「街」誕生

小中レスラー 後楽園に立つ

女子プロレスディアナ

小中レスラー 後楽園に立つ

5月4日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク