川崎区・幸区版 掲載号:2017年8月11日号 エリアトップへ

「うっきうき」愛され43年 市盆踊りの定番『川崎おどり』

文化

掲載号:2017年8月11日号

  • LINE
  • hatena
「川崎おどり」の文字が入った当時の着物で踊る清水さん
「川崎おどり」の文字が入った当時の着物で踊る清水さん

 ♪唄えば うきうき いいじゃんか、踊れば うきうき そうじゃんか――。市内の盆踊り大会や運動会などでおなじみ、都はるみさんの『川崎おどり』。その誕生は1974年。川崎市が72年に政令指定都市に移行したことを祝い、市商店街連合会を中心とした「川崎おどり実行委員会」が制作した。

 当時を知る川崎駅広域商店街連合会の馬場義弘会長代行によると、それまで商店街では阿波おどりで催し物を盛り上げていたという。「阿波おどりは川崎が発祥ではない。独自の踊りをつくろう」と、商工会議所や当時川崎に工場があった日本コロムビア(株)などが協力。若手だった都はるみさんを起用し、歌詞を公募するなどして、誰もが歌って踊れる明るい曲に仕上がった。馬場さんは「市民の声で生まれた『川崎おどり』。末永く市民の皆さんに浸透してほしい」と話す。

 地域住民に盆踊りなどの指導を行う地元演歌歌手の清水マリ子さん(宮前区在住)は、完成当初パレードなどで踊ったメンバーのひとり。「大山街道を大勢で練り歩いた」と当時を振り返る。手をパッと開く振りや荷車引き動作が特徴的な『川崎おどり』。清水さんは「他の盆踊りに比べて込み入った踊りだが、手だけでも真似してできれば誰でも楽しめる」と教えてくれた。

完成当時のレコード
完成当時のレコード

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook