川崎区・幸区版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

ユニバ出場、メダルに意欲 伊勢町在住 梅原麻奈さん

スポーツ

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
ユニバーシアードに臨む梅原さん
ユニバーシアードに臨む梅原さん

 川崎区伊勢町在住の大学生・梅原麻奈さん(19)が、きょう18日から台北で開幕する「ユニバーシアード競技大会」に、テコンドーのプムセで日本代表として出場する。

 テコンドーは朝鮮半島に伝わる足技を駆使した格闘技。プムセは型に相当し、決められた型の正確性や表現力などを競う。今大会から通常の演武に加え、音楽に合わせてフリースタイルの演武を行う種目も追加された。

 梅原さんは、1997年生まれ。中学1年からテコンドーを始め、中学2年で全国大会有級の部で優勝。高校1年で全国大会17歳以下の部を制覇し、アジアジュニア選手権で7位の成績を収めるなど国内外で活躍する。現在は、東京女子体育大学に通う。大会に向け週3日、埼玉県鶴ヶ島市まで赴きコーチに指導を仰いだ。テコンドーは全身運動であるため、筋力やジャンプ力を鍛えようとウエイトリフティングも練習に取り入れた。6月下旬から今月上旬まで韓国で合宿を実施。現地で4つの大会に参加して、優勝や準優勝など好成績を納めた。

 「大会は自分の型が世界に通用するか試す場。まずは決勝進出を目指してメダルが欲しい」と意気込む。また「結果に対するプレッシャーだけ感じていてもつまらない。世界の選手との交流も楽しみたい」とメダルへの重圧もはねのける。

 また、大学入学時から幸区中幸町の飲食店「ビストロ&バル ReEN」でアルバイトも続ける。

 「大会前はシフトを調整してもらうなど感謝している。恩返しのためにもメダルを獲りたい」と自らを奮い立たせた。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

マリンバコンサート

コーナー開設期間を延長

マイナンバー設定支援

コーナー開設期間を延長 社会

12月28日まで

9月24日号

川崎図書館で「二ヶ領用水」展

南武線でクイズラリー

JR東日本

南武線でクイズラリー 社会

10月1日から11月7日

9月24日号

「特別自治市制度」学ぶ

「特別自治市制度」学ぶ 社会

川崎市議会が研修会

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook