川崎区・幸区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

講演と体験で防災意識強く 視覚障害者情報文化センター

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
熱心に話を聞きながらAEDの体験をした参加者
熱心に話を聞きながらAEDの体験をした参加者

 川崎市視覚障害者情報文化センター(川崎区堤根)は日本点字図書館と共催で20日、「視覚障害者と支援者のための防災イベント」を同センターで開催した。

 TBSアナウンサーで防災士でもある伊藤隆佑氏の講演では「地震が起きた際の震度などの情報は発生から2分後、津波情報は3分後に気象庁から発表となり報道されるので、その2分の間はとにかく自分の身の安全の確保を優先に行動すべき」といった指摘がされた。また「テレビや携帯電話では震度5弱で緊急地震速報が流れるが、ラジオは震度5強からになる」など、メディアによる速報の違いといったことが紹介された。

 講演の他は視覚障害者にむけたAED体験や、仮設トイレ体験、起震車体験、晴眼者対象のガイドヘルプ体験などが行われた。

 AED体験では晴眼者であれば見てわかる、胸骨圧迫の位置などを自分の体の位置で覚えるように指導したり、呼吸の有無も胸、腹を触ることでわかるといったことなどが、丁寧に教えられていた。体験した女性は「以前に体験した時よりも機械も進歩している。改めて体験して良かった」と話した。

 災害時に避難所で使われる仮設トイレは、視覚障害者にとっては触ってみなければ、どういうものか分からないため、実際に使われるものが用意された。

 同イベントは阪神・淡路大震災が起きた1月17日に近い日に、防災について考えるきっかけを作ろうと、4年前の同センター開設から毎年行われている。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook