川崎区・幸区版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

電車でまぐろ、野菜販売 京急川崎駅でマルシェ

社会

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena
車内が賑やかなマルシェに(昨年、品川駅)
車内が賑やかなマルシェに(昨年、品川駅)

 酒場の次はマルシェに変身―。京急電鉄(原田一之取締役社長・東京都港区)は電車車内とホームをマルシェ会場とする「京急うらりマルシェ号」を2月4日(日)、京急川崎駅で開催する。 

 5日(月)から開催する「三浦海岸河津桜とまぐろ 満喫の旅」キャンペーンに先駆け、三浦・三崎の春をいち早く体感しようと企画された。

 大師線1番線ホームに停車させた電車車内と、1番線・2番線ホームを会場に、三崎港にある産地直送センター「うらりマルシェ」で販売している、大根やキャベツをはじめとした三浦特産の新鮮野菜や、三崎名物のまぐろや干物などの直売会を実施する。

 会場は「かながわの特産品100選」に選ばれ、漁師の大漁祈願などで使用される「三崎の大漁旗」などで装飾し、野菜をはじめとした品々が並ぶなど、普段の電車車内やホームでは味わえない雰囲気につつまれる。

 同社は昨年4月に川崎市と包括連携協定を締結しており、その一環として開催地である川崎のブースも設置。川崎大師名物の住吉の久寿餅や、松屋総本店の開運とんとこ飴、おつけもの「慶」keiのキムチなどを販売する。

 大師線の1番線・2番線ホームは飲食可能な休憩スペースとして開放され、当日売られるマグロの弁当やトロまんなどを食せる。

 会場には京急電鉄のマスコット「けいきゅん」が午前10時、11時30分、午後1時、2時30分、4時の5回、ホームに登場する予定。

 開催時間は午前10時から午後6時まで。京急川崎駅から会場に入るには入場券の購入が必要となる。

 担当者は「昨年品川駅ではアナウンスなしでの開催だったが好評だった。今回はより多くの方に普段味わえない車内、ホームの雰囲気を味わってもらうとともに、三浦・三崎の自然の恵みの品々を手にして魅力を知ってもらいたい」と呼びかける。

 京急川崎駅では昨年9月にも車両とホームを酒場にする「京急川崎ステーションバル」を開催し好評を博した。

乗り慣れた車両が様変わりする(新1000形)
乗り慣れた車両が様変わりする(新1000形)

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

桜本で恒例「日本のまつり」

あさって17日

桜本で恒例「日本のまつり」 社会

商店街で多彩な催し

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 スポーツ

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

アンプティ盛り上げたい

川崎Fサポ 故石渡さん

アンプティ盛り上げたい スポーツ

サッカー協会、賞創設

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

フィリピン大学生奮闘中

フィリピン大学生奮闘中 社会

外国人介護人材を活用

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク