川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

しろたにさん招きトークショー 腹話術、ボランティアがテーマ

教育

参加者とともにパフォーマンスするしろたにさんと相方のゴローちゃん(左)
参加者とともにパフォーマンスするしろたにさんと相方のゴローちゃん(左)
 市民団体「21世紀川崎教育フォーラム」(江頭秀夫代表)は先月28日、中原区のNEC玉川クラブで腹話術師のしろたにまもるさんを招いたトークショーを開催した。

 しろたにさんは腹話術を披露したのちに登壇。「腹話術は子どもだましの芸として認識されているが時事、風刺、教育、娯楽など、色々なことに挑戦すれば芸の幅が広がる」と語った。

 これまでに3800回を超える公演を行ったうち、被災地などでのボランティア公演は300回以上にも及ぶしろたにさん。その原動力について「小さな頃から貧乏だったが、両親は困っている人がいると手を差し伸べ、そういう環境で育った」「奨学金を得て学校に通い今がある。そのお返し」などと話し「金、地位はないが優しさだけは持ち続けたい」と力を込めた。

 腹話術の魅力については「1歳から100歳までが一度で見てもらえる」。学校でいじめについても「(相方の)『ゴローちゃん』を使うと子どもも素直になる」と語った。

 同団体は、川崎市内の教育や行政などに携わる人たちの視野を広げ、様々な人との交流を深めてもらおうと20年ほど前から年に1、2回トークショーを開く。今回はボランティアの精神を知ってもらおうと企画。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク