川崎区・幸区版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

市立小中ブロック塀 危険6校、9月撤去へ 市が前倒し 残り12校未定

教育

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市立小中学校のブロック塀などで建築基準法違反の疑いが見つかった24校について、市は特に危険性の高い6校で9月中に撤去する方針を示した。当初は新しいフェンス設置と合わせて年明け前後に着手する予定だったが、撤去を前倒して対応する。投てき板8校は8月中に着手。一方で、残り12校の着手時期は未定となっている。

 9月中の撤去が決まったのは、24校の中でも高さ2・2メートルを超えるブロック塀が設置されている南河原小学校(幸区)など6校。

 6月の大阪北部地震で登校中の女児が倒壊したブロック塀の下敷きになって命を落とした事故を受け、市は市立学校のブロック塀を6月下旬に点検。24校(小学校21校、中学校3校)で建築基準法違反の疑いがあるブロック塀などがあると発表した。

着手遅れ、議会で指摘

 6校の塀の撤去とフェンスの新設について、市は7月の市議会文教委員会で「年明け前後になる」と説明。議員からは対応の遅れへの指摘があった。市は対応策を検討し、撤去とフェンスの設置を分け、撤去を前倒して9月中に行うことを決めた。フェンスは年度内に設置予定。市担当者は「プールの使用を中止している学校は来年度から再開したい」とする。

 24校のうち、ブロック塀ではなくボール当てなどをして楽しむ「投てき板」で建築基準法違反の疑いが見つかった幸町小学校(幸区)など8校は、8月末までに全ての撤去に着手。委員会で質問した岩隈千尋市議は「撤去が前倒しされてよかった。フェンスの設置完了まで今後も市の対応を注視していく」と話す。

 一方で違反の疑いが見つかったブロック塀を有する殿町小学校(川崎区)など残り12校は、撤去の見通しが立っていない。12校の塀の高さが2・2メートル以下であることや、市内の公共施設で同様の塀が100カ所以上あることなどから、市は優先順位をつけ、早急に対応したいとしている。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

アンプティ盛り上げたい

川崎Fサポ 故石渡さん

アンプティ盛り上げたい スポーツ

サッカー協会、賞創設

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

フィリピン大学生奮闘中

フィリピン大学生奮闘中 社会

外国人介護人材を活用

11月1日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

赤ジャンGメン高齢化の波

川崎駅東口自転車問題

赤ジャンGメン高齢化の波 社会

後継者不足に危機感

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク