川崎区・幸区版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

小児医療入院費助成 所得制限廃止へ前進 パブコメ結果を受けて

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は8月24日、小児医療費助成の条例改正に向けたパブリックコメントの実施結果を公表した。条例改正案はこれまで1歳児から中学生以下が対象の入院医療費助成に設けられていた所得制限を来年1月から廃止するというもの。

 市は6月20日から7月30日まで市民に意見を募り、電子メールなどを通じて提出された数は40通で87件の意見が寄せられたという。

 このうち入院医療費助成の所得制限の廃止に関しての意見は30件で、うち28件は賛成意見だった。所得制限の廃止は必要ないという意見や、償還払いではなく現物給付を求める意見もあった。

 通院医療費助成の所得制限に関しては、入院だけでなく通院も所得制限なしにすべきという意見が26件、所得限度額緩和を求める意見が2件あったが、市は限られた財源の中で持続可能な制度として運営していくには所得制限を設けていくことは必要であるとし、これらの意見を退けた。

 通院医療費助成の一部負担に関しては、現在小学4年生から6年生までが対象の1回あたり500円の自己負担の廃止を求める意見が9件あった。市は制度の継続的、安定的な運営をしながら子育て家庭への経済的支援のためには引き続き一部負担は必要との考えを示す。

 通院医療費助成の対象年齢に関しては、中学校卒業まで拡大を求める意見が14件あった。市は制度の運営状況、子どもの受療率、子育て家庭を取り巻く環境、財政面への影響などから、学齢期における心身の成長の一つの区切りである小学校6年生までの助成が必要だと考えるとしている。

 実施結果は市のホームペジのほか、情報プラザ、公文書館、各区役所、支所・出張所、図書館、市民館、こども家庭課などでも閲覧できる。

 市は9月3日から始まる市議会の第3回定例会に条例改正案と補正予算案を提出。10月中に決議されれば、11月、12月に市民や医療機関に周知をはかり、予定通り年明けの施行を目指す。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

ビニール凧をつくろう

ビニール凧をつくろう 文化

20日 浅田こ文で

11月15日号

チッタでこども食堂

チッタでこども食堂 社会

イベントに出前

11月15日号

全会一致での可決求める

差別撤廃条例案ヘイトに刑事罰

全会一致での可決求める 社会

市民団体が要請書

11月15日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月8日号

南加瀬で慈善バザー

南加瀬で慈善バザー 社会

つくし会

11月8日号

工場夜景の魅力を講演

工場夜景の魅力を講演 社会

観光シンポジウムで

11月8日号

特別試合 12月末に

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク