川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

地元商店街とNPOがタッグ 塚越の魅力知って 9日に手作りイベント

社会

ポスターを手にイベントをPRする主催者
ポスターを手にイベントをPRする主催者
 幸区の塚越商店街の魅力を知ってもらう「塚銀フェス」と銘打ったイベントが9日(日)、塚越商店街で開かれる。地元商店街とまちおこしのNPO法人が組んで行う初の試み。イベントを通じて「塚越商店街のファンを増やしていきたい」と意気込む。

 主催するのは、塚越銀座商盛会実行委員とNPO法人幸区盛り上げ隊。

 同商店街は約50の加盟店があり、個性的な店も増えつつある。商店街では毎年夏時期に「夜店」を開催し、大勢の集客を図っているが、「味のある店の存在を知ってもらいたいとの思いから、新たなイベント実施の検討を始めた」と外山宏昭実行委員長は説明する。

 NPO法人幸区盛り上げ隊は「ママが楽しく暮らせる街」をモットーに鹿島田での商店街イベントにも関わる。同法人の理事長で隊長を務める倉林智美さんが同商店街利用者であった縁でイベント協力が実現した。

 イベントは「塚越銀座商盛会のリピーターになってもらう」がコンセプト。「体験 楽しむ」をテーマにした催しではオリジナルのお守りや湯のみ、ヘアアクセサリーなどのワークショップをハンドメイド作家として活躍するママたちと一緒に制作する。「見る 学ぶ」では和太鼓演奏ショーと体験、自称・夢見ヶ崎動物公園の専属アイドルグループ「GABU」のステージライブを行う。「食べる 買う」では商店街に店を構える飲食店が自慢の料理を販売する。

 時間は午前11時から午後4時。雨天時は中止。当日開催の有無はバハマール塚越本店フェイスブック(@B.MTukagosi)で通知。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

桜本で恒例の一大まつり

あさって18日

桜本で恒例の一大まつり

11月16日号

J1リーグ2連覇

川崎F

J1リーグ2連覇

11月16日号

日本語支援の困難高まる

外国につながる児童生徒

日本語支援の困難高まる

11月9日号

後継ぎ不足、廃業に「待った」

市、商議所など4者

後継ぎ不足、廃業に「待った」

11月9日号

「危険な塀」撤去に新補助金

姥捨山題材に記念公演

京浜協同劇団

姥捨山題材に記念公演

11月2日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

曲芸的プレーにも注目

 アンプティサッカー選手権 17日・18日

曲芸的プレーにも注目

富士通スタジアムで

11月17日~11月18日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク