川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む 元沢 伸夫さん 幸区堀川町在勤 41歳

「生」の衝動、求めて奔走

 ○…川崎市を拠点に、バスケットボールで68年の伝統を紡いできた名門クラブの運営権を、7月に東芝から承継。従業員30人規模の新会社「DeNA(ディー・エヌ・エー)川崎ブレイブサンダース」で、指揮官として10月の開幕に臨む。「川崎は北から南まで勢いがあって、スポーツに対する愛情がすごい」。地域の温かさを肌で感じながら、確かな一歩を踏み出す。

 ○…「チームワークに競争、喜びや悔しさ。いろんな感情はスポーツで教わった」。千葉県松戸市で生まれ育ち、小1から中1まで剣道クラブに所属。中高はサッカー部で汗を流した。「下手だったけど好きで」。県優勝レベルの中学では3軍からはい上がり、ジャンプ力を武器にセンターバックの正選手の座を獲得。大学時代は「日の丸を背負ってみたい」と、ドラゴンボートの社会人チームへ。社会勉強も兼ね、新しい競技にのめり込んだ。

 ○…大卒後はコンサルティング会社を経て、20代半ばで起業に挑戦するも失敗。転職活動の末にディー・エヌ・エーの門をたたいた。新規事業開発や人事、国内外のゲーム事業を経験。2013年半ばから、念願だったプロスポーツ分野の横浜DeNAベイスターズを仕切ることに。事業本部長を軸にスポンサー営業部長など兼務し、一人5役をこなすほど。球団の成績が低迷するとファンから厳しい意見も舞い込んだが、「心身共に健康なのはスポーツに育てられたから」と常に前向きだ。

 ○…深夜に帰宅し4時台起床の繰り返しだが、休日には企画展や商業施設の催しなど市内外に足を運ぶ。「USJで一人、パレードを研究してたことも」と眼差しは真剣。クラブの理想は、子どもに夢を与えられる憧れの存在だ。「ホームのとどろきアリーナで、その感動を生で味わってほしい」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

若菜 とき子さん

『おりん 姥捨て山異聞』で主役を務める

若菜 とき子さん

11月9日号

佐々木 健仁(たつひと)さん

カワハギ釣りの全国大会「ダイワカワハギオープン2017」で最年少優勝した

佐々木 健仁(たつひと)さん

10月26日号

鈴木 務夫(かねお)さん

老人ホームなどにボランティアでハーモニカ訪問演奏をする

鈴木 務夫(かねお)さん

10月19日号

福岡 誠さん

インターネット鉄道サイト、鉄道新聞の編集長を務める

福岡 誠さん

10月12日号

須山 一則さん

東海道かわさき宿交流館に木彫り浮世絵を展示している

須山 一則さん

10月5日号

大竹 孝行さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

大竹 孝行さん

9月28日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク