川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

外国人劇が川崎盛り上げ 15・16・17日

文化

 外国人劇団の「横浜シアターグループ」(アンドリュー・ウォールナー代表)は9月15日(土)から17日(月・祝)、ワールドピースシアター(川崎区本町1の3の3)で「Ryokou(リョコウ)」を上演する。

 旅に出てめぐり逢った人々が遭難し、異空間に迷い込むストーリー。過去や未来の戦争に遭遇しながら、平和な社会をつくりたいという思いを描き、多文化共生へのメッセージを込めている。カナダ人、ノルウェー人、イギリス人、アメリカ人の役者と地元川崎のカレッジJDS(ジャパンダンススクール)の子ども達が出演。

 公演は英語で上演されるが、言葉が分からなくても視覚的に楽しめる内容になっている。

 この公演は川崎駅前地区を本格的アートで盛り上げようという取り組みで、会場のワールドピースシアターを提供するJDS―ARTWORKSの協力で開催。昨年、一昨年は川崎区の事業「東海道街角アートウィーク」の中の企画としての公演だったが、今年は民間自主事業として行う。

 チケットは一般3000円、学生1500円。川崎市民は500円引き。

 詳細はJDS―ARTWOKS(【電話】044・222・3582)まで。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

曲芸的プレーにも注目

 アンプティサッカー選手権 17日・18日

曲芸的プレーにも注目

富士通スタジアムで

11月17日~11月18日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク