川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • hatena

市営霊園 合葬墓で無縁化対策 市、来年度に募集開始へ

社会

来年3月に完成予定の合葬墓(イメージ)
来年3月に完成予定の合葬墓(イメージ)
 少子化などにより、墓の承継者がいなくなる無縁墓の対策として、川崎市は複数の遺骨を一緒に納める「有縁合葬墓」の募集を来年度から開始する。市営霊園墓所の無縁化を防ぎ、改葬による墓所の循環利用を進めるとともに、供給不足解消につなげたい考えだ。

 川崎市営霊園は早野聖地公園(麻生区1万3030基)と緑ヶ丘霊園(高津区2万5012基)があり、市内墓所数の約6割にあたる3万8042基が整備されている。

 市営霊園の昨年の募集倍率は10・1倍。特に改葬など返還された墓所のみの募集となる緑ヶ丘霊園は53・6倍に上る。

霊園改葬、促進へ

 一方、両霊園では墓所の無縁化が進む。市はこれら墓所の改装手続きに14年から着手。現在、無縁化の可能性がある墓所は約450基とされている。市が昨年実施した霊園利用者の意識調査では「今後30年ほどで無縁化する可能性がある」と回答した人は67%。緑ヶ丘霊園利用者の47%が「合葬墓が整備されれば利用したい」と回答している。

 市は、墓所から合葬墓に改葬すれば使用料を免除する計画。「無縁化する前の改葬を促し、墓所の循環利用につなげたい」と期待を込める。

 合葬墓の導入に伴い、一部改正が進められる墓地条例には「生前取得」や「焼骨の不返還」などが組み込まれる。市は「遺骨は一定期間置かないため、埋蔵後は返還ができないことの周知を徹底したい」としている。

 合葬墓の収容は約2万柱。緑ヶ丘霊園に整備し、来年3月に完成する予定。来春、募集要項を発表し利用を開始する。

需要の半数に対応

 市が11年に算出した墓所需要予測では、30年度までに必要な市営霊園の墓所は1万9000基。土地の有効活用と墓所形態の多様化を受け、15年に合葬墓の整備を盛り込む方針を策定した。1万9000基のうち、新規整備する1万7000基の半数に当たる8500基を有縁合葬墓で対応するとしている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

30〜50代男性 無料に

風疹抗体検査

30〜50代男性 無料に

12月14日号

地域猫活動へ歩みを開始

小倉町連

地域猫活動へ歩みを開始

12月14日号

長期休日、午前8時開始へ

わくわくプラザ

長期休日、午前8時開始へ

12月7日号

3月3日地下運行を開始

京急大師線

3月3日地下運行を開始

12月7日号

住民自治推進へ新施策

十両優勝に地元歓喜

川崎区出身友風関

十両優勝に地元歓喜

11月30日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク