川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

市政報告 「平成31年度予算編成方針について」 みらい川崎市議団 山田ますお

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 第3回定例会代表質問項目について報告します

■質問1 先に示された「平成31年度予算編成について」のうち経済状況と国の動向では、政府における「社会保障改革を軸とする基盤強化期間(仮称)の初年度として、社会保障関係費や非社会保障関係費等について歳出改革の取り組みを継続する」とした方針について、注視していく必要があるとしている。国の基盤強化期間(仮称)初年度の動向をどう分析し、本市にどのような影響があると想定しているのか伺う。

■答弁1 国の動向については、社会保障関係費を高齢化による増加分に相当する水準に収めることなどがポイントと認識しており、本市においても、こうした国の歳出改革に向けた取組を注視しながら、持続可能な財政運営に努めることが重要であると考えている。

■質問2 本市の財政状況と今後の見通しでは、「市民一人あたりの一般財源等の推移」を参照し、本市財政の自由度の拡大にはつながらないと分析している。従来になかった指標を用いた理由について伺う。

■答弁2 平成29年度決算は、歳入一般財源から、義務的経費に係る歳出一般財源を差し引いた一般財源が減少していることを示すことにより、 本市財政は決して楽観できる状況にはないことを明らかにした。

■質問3 予算編成に際しての留意点(7)将来負担の抑制項目のうち、減債基金の借り入れについて、平成28年度から3年間表現されていた「あくまでも臨時的対応で有り」の文言が削除されている。議会としては、減債基金からの借り入れが常態化する事の無いよう求めてきたが、 表現の変更と、減債基金からの借り入れの考え方を改めて伺う。

■答弁3 平成31年度においても、消費税率引き上げの延期や、ふるさと納税の拡大、法人市民税の国税化などの影響が続く、大変厳しい財政状況にある。このような状況でも、将来を見据えて乗り越えなければならない課題に的確に対応するため、減債基金からの158億円の新規借入を見込込み、当面、借り入れは続くと想定している。しかし、借り入れに頼らない持続可能な財政基盤を早期に構築するという考え方に変わりはない。

山田ますお

川崎市幸区幸町3-555-4-1102

TEL:044-544-9778

http://www.ma1126.jp

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

”速報”JR南武線連続立体交差事業新工法の効果絶大 推進へ一歩前進!

事業推進に向け、関係機関との調整を表明 市政リポート

”速報”JR南武線連続立体交差事業新工法の効果絶大 推進へ一歩前進!

川崎市議会議員(幸区) 野田まさゆき 自民党

9月3日号

報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より

県政報告

報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

8月27日号

風水害に備え、避難情報の確認と行動計画を万全に!

市政レポート

風水害に備え、避難情報の確認と行動計画を万全に!

各家庭での備蓄、非常用トイレの備えも!自民党 川崎市議会議員(幸区)野田 まさゆき

8月6日号

ヤングケアラーを知っていますか?

県政報告

ヤングケアラーを知っていますか?

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

7月30日号

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

市政報告

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月16日号

「多摩川スカイブリッジ」に命名

市政報告

「多摩川スカイブリッジ」に命名

川崎市民・大田区民に愛される架橋に川崎市議会議員 みらい川崎市議団 飯塚正良

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook