川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

市内事業所 有休「年5日取れず」最多 モデル企業選定で啓発へ

社会

 今年4月に施行される国の働き方改革関連法に伴い、年5日以上の有給休暇取得が義務付けられる。川崎市の2018年度「労働状況実態調査」の速報値では、有休取得率20%(4日程度)未満と回答した事業所が最も多く、対応が迫られる。こうした現状に、市はモデル企業の選定や具体的な取り組み事例をつくり、啓発していく。

 18年度の労働調査(市内2000事業所対象、有効回答数818事業所)によると、有給休暇の取得率が「20%未満」と回答した事業所は、20・8%。占める割合は最も大きく、同じ傾向が近年続いている。

 市担当者は「人手不足に加え、特に中小企業は、急な仕事も引き受けざるを得なく、計画的な休みを取りにくいのでは」と分析する。

 市内で従業員10人規模の自動車整備工場を経営する男性は「今以上に休めば仕事が止まり、人員を増やしたくてもこれ以上人件費は増やせない。解決策もなくどうすれば」と不安を隠せない。市内商業施設内小売店の店長を務める女性は「商業施設は定休日がなく、人員もギリギリ。シフトのやりくりで有休をとるのは困難」と打ち明ける。

 県社会保険労務士会川崎北支部の村野正明支部長は、「義務化は簡単なことではない。人手不足や、労働環境の改善もそうだが、経営者の中には、有休をとらせる意識があまり高くない人も多いのでは」と指摘する。

 市は、中小企業の生産性向上や働き方改革の普及促進につなげようと、具体的な取り組みを示すモデル事業を行っている。

 選定した5社の働き方改革の取り組み、専門家のアドバイスによる改善例をまとめ、今月からウェブサイトで公開する。

 また、民間企業や大学、研究機関、個人事業主などから生産性向上、働き方改革に向けた事業計画を募集。市内多数の中小企業の課題解決につながり、普及促進が期待できる企画をモデル事業として選定し、市内の中小企業で3月まで実施していく。

 市担当者は「成功事例を作り、企業が取り組む契機になれば」と話す。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

10年間で213Km整備へ

川崎市自転車計画

10年間で213Km整備へ

4月26日号

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療

4月26日号

「市民向け施設」設置検討も

川崎市卸売市場

「市民向け施設」設置検討も

4月19日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に

4月19日号

市議・県議21人が当選

統一地方選川崎区・幸区

市議・県議21人が当選

4月12日号

今年も健在「昔の娘」

かわさき楽大師

今年も健在「昔の娘」

4月12日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク