川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

市立小 学校司書、4校に1人 市、全校配置へ年7人増員

児童に本を紹介する学校司書
児童に本を紹介する学校司書

 川崎市教育委員会は児童の読書活動を支援する学校司書の全市立小学校への配置を進めている。2015年度から3年間、モデル事業として21校に配置。今年度7人増員したが、全校の約25%にとどまる。昨年度まで2年連続で全校配置を実現した横浜市に比べ、ペースは低調だ。市教委は「計画に沿って地道に取り組む」としている。

 学校司書は蔵書の整理や新しい本の購入などを通して図書館の環境整備を担う。川崎市教育委員会が行った15年度のモデル事業では、実施校の1人あたりの貸出冊数が未配置校の1・8倍に増加。司書による授業支援が79%あったというアンケート結果もあり、教員の負担軽減などの効果もみられたことから継続が決まった。市教委は学校司書を各区1人、年に7人増やす計画で、21年度までに56校への配置を目標としている。最終的に全校配置を目指しているが、時期は明示していない。

 市の学校司書は資格が不要で、図書ボランティアなどが学校長から推薦を受けて任用される。市民団体「生きた学校図書館をめざす会川崎」は「専門知識がなければ選書なども難しい」と指摘しており、学校長が適任者を把握しづらく、人選が課題の一つとなっている。

 市教委は学校司書のアドバイザーとして各校を巡回する総括学校司書(有資格者)を運用しているが、これまで任用期間5年の上限があった。今年度から上限を撤廃し、学校司書との連携を強化している。

 宮前平小学校(宮前区)の学校司書、佐藤かなさんは「図書館の利用法や物事の調べ方を児童に学んでもらうためにも学校司書は必要」と話す。市教委は「大幅増員は予算面で難しい。研修などで図書ボランティアの資質向上を図る」としている。

担い手不足解消へ

 非常勤採用でフルタイム勤務の横浜市では、16年度から2年連続で市立小・中・特別支援学校全498校に配置したが、今年度は担い手不足で未配置校もある。川崎市は1回3時間(年間150回上限)の報償制。市教委は「短時間で働きやすい環境のため、潜在的な人材は多いと考えられる。人材をどう生かすかが今後の課題」としている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

差別禁止条例にヘイト対策

52校、15人でカバー

中学校給食栄養士

52校、15人でカバー

3月22日号

設置指針 14年ぶり改定

公共施設AED

設置指針 14年ぶり改定

3月15日号

神明町に来年春オープン

幸区に新公園

神明町に来年春オープン

3月15日号

食品ロス対策を強化

フードバンクかながわ

食品ロス対策を強化

3月8日号

1日限定ワンダーランドに

富士見公園

1日限定ワンダーランドに

3月8日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動物とふれあう春の1日

3月24日

動物とふれあう春の1日

夢見ヶ崎動物公園

3月24日~3月24日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク