川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月18日号
  • LINE
  • hatena

川崎市 救急出動 10年連続増加 2020年新たに1隊増設へ

社会

 川崎市内の救急車の出動件数が、2018年は過去最多の7万2854件(前年比3536件増)となり、10年連続で増加した。高齢化や人口増に加えて、厳しい猛暑も影響したとみられる。市消防局では医療機関への搬送時間短縮などに向けて、来年から救急隊を1隊増やす予定だ。

 昨年1年間の救急車の出動件数は1日平均約200件で、特に7月は猛暑の影響で1日平均310件と過去最多を記録した。市消防局は今後も増加傾向が続くと見ており、対策を行っている。

 その主な取り組みが救急隊の増設。2008年は24隊だったが、2018年には28隊に。さらに2020年4月には、宿河原に1隊増設される予定だ。これにより、救急要請を受けてから現場到着までの平均時間は、2016年は8・4分、2017年は8・3分と横ばいで推移しており、出動件数増加が見込まれる今後も維持していきたい考えだ。市消防局の担当者は「2018年の現場当到着時間も大きな変動はないと思われる。市内の救急病院の尽力もあって受け入れ態勢がより円滑になっていることも功を奏している」と話す。

適正利用へ対策も

 一方で、昨年救急出動しながら医療機関に搬送されなかったケースは、全体の1割にあたる約9000件。例えば「酔っぱらっていただけにも関わらず、周りの人が心配して救急車を呼んでしまった」などのケースが挙げられる。

 市では救急車を呼ぶ判断の一助として、市のホームページで「川崎市救急受診ガイド」を提供。症状に応じて提示されるチェック項目に回答すると緊急度が分かる。消防局の担当者は「救急車を呼ぶべきか自ら医療機関を受診すべきか迷ったら、ぜひ利用を」と呼びかけている。

 さらに今後は、横浜市で数年前から導入されている救急相談センター「#7119」の導入も模索中。同システムは電話で看護師が応対し、症状に基づいて緊急性や医療機関受診の必要性をアドバイス。救急車が必要な場合は、そのまま出動の流れとなる。市健康福祉局の担当者は「適切に利用することで、出動件数の軽減が見込める」と話す。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

全国初、女性採用から50年

日本語支援を区事業に

外国につながる子ども

日本語支援を区事業に

2月22日号

大師念仏が市文化財指定

10月から運賃値上げ

市バス

10月から運賃値上げ

2月15日号

子育て重点、基盤固めへ

川崎市予算案

子育て重点、基盤固めへ

2月8日号

市内3地区で効果検証

シェア自転車

市内3地区で効果検証

2月8日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク