川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

市政リポート 振り込め詐欺を撃退被害防止機器の無料貸し出しを要望 川崎市議会議員 野田まさゆき 自民党

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

被害は年々増加深刻な社会問題

 高齢化が進む中、主にお年寄りを狙った振り込め詐欺が後を絶ちません。川崎市によると、市内の2015年の振り込め詐欺被害の認知件数と被害額は152件、約5億9千万円で、2016年は191件、約6億6千万円、そして昨年は399件、約7億2000万円と増加傾向にあり、社会問題化しています。12月議会では振り込め詐欺の撃退に効果のある「振り込め詐欺等防止機器」の無料貸し出し制度の創設を提案いたしました。

利用者から好評様々な自治体で注目

 防止機器は、概ね電話の着信音が鳴る前に、電話の相手に会話の内容が録音されるメッセージが流され、その後通話が録音される仕組みです。警察や自治体などから提供された迷惑電話からの着信は遮断され、着信した電話番号についても「登録済み」「未登録」「非通知等」に分けて危険度をランプで知らせてくれる装置などもあります。

 神奈川県警の啓発チラシによると、防止機器は利用者から好評で97%が「設置後、詐欺の電話がかかってこない」と評価し、92%が「詐欺被害防止に効果があると思う」、94%が「防止機器があると安心できる」と回答しています。

 防止機器は家電量販店などで5千円〜1万5千円で販売されていますが、東京都の特別区や藤沢市、船橋市、立川市など無料貸し出しを実施する自治体が増えています。中でも世田谷区では昨年7月に700台の貸し出しを行ったところ、4カ月後には予定台数に到達。今月400台を追加貸し出しの実施をHPで紹介しています。

 こうした状況を受け、議会では「本来は各家庭で購入いただき、継続して設置しておく事に意義のある装置ですが、まずは本市においても無料貸し出しなどに取り組み、多くの方に装置の有効性を実感してもらうことが重要」と指摘。無料貸し出しの実施を求めました。

 川崎市の将来人口推計によると、老年人口といわれる65歳以上の人口が市内で2020年には約32万人で全体の約21%、2030年には約38万人で全体の約24%、2050年には約49万人で全体の約33%に達します。また、2年後の2020年には超高齢社会が到来します。振り込め詐欺をはじめ、お年寄りを守り助ける施策に全力で取り組んでまいります。

野田雅之

川崎市議会議員 野田雅之 自民党

TEL:044-271-7788
FAX:044-271-5566

http://noda.co

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

幸市民館のトイレ洋式化と改修を強く要望

市政リポート

幸市民館のトイレ洋式化と改修を強く要望

川崎市議会議員 総務委員長 野田まさゆき 自民党

7月26日号

塩浜3丁目周辺地区「水辺の拠点」について質問

市政報告

塩浜3丁目周辺地区「水辺の拠点」について質問

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議会議員団 林としお

7月26日号

大災害時の行政体制について初の見解

議会報告

大災害時の行政体制について初の見解

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月19日号

通学路の安全確保について質問

市政報告

通学路の安全確保について質問

みらい川崎市議団 たむら 京三

7月19日号

災害発生時の安全確保に向けて

議会報告

災害発生時の安全確保に向けて

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月12日号

誰もが安心して暮らせる川崎市に

誰もが安心して暮らせる川崎市に

川崎市議会議員 山田えり

7月12日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲見世商店街飲み歩き

21日・22日

仲見世商店街飲み歩き

ハシゴしナイト

8月21日~8月22日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク