川崎区・幸区版 掲載号:2019年2月1日号
  • LINE
  • hatena

京急大師線 産業道路新駅で内覧会 3月3日運行開始

社会

産業道路駅地下から東門前駅方面を望む
産業道路駅地下から東門前駅方面を望む

 京急大師線で工事が進められてきた地下トンネルが完成し、川崎市と京急電鉄は先月26日と27日に産業道路駅で内覧会を行った。3月3日、午前10時ごろから地下運行が始まる。

 催しは抽選で選ばれた一般客合計600人が招待され、地下ホームでは線路に降りて写真を撮ったり、線路を横断するなど、普段では体験できない駅を楽しむ姿が見られた。鉄道模型を使った、大師線の平成の歴史と地下化を再現するコーナーには多くの人が詰めかけた。線路をつなぐボトル締め体験なども行われた。

 5歳と4歳の息子2人を連れてきた川崎区の館秀美さん(45)は「産業道路が混むから工事をするという話は小さなころに聞いていて、なかなか進まないなと思っていたが、工事の大変さなどを聞いて納得した。子どもが電車好きなので応募したが、大人も楽しめた」と感想を話した。

 地下トンネルは全長約980メートルでホームは地下約13メートルに位置する。2006年に始まった工事は総工費642億円。新駅舎の完成は19年度中を予定している。3月2日(土)の終電後から切替工事を行い、3日(日)午前10時頃から地下運行を開始する。同時に産業道路と交差する3カ所の踏切も撤去する。

2020年から「大師橋」駅へ

 京急電鉄は先月25日、昨年秋に募集した産業道路駅の新駅名を「大師橋」に決定したと発表した。大師橋が地元のシンボルのひとつであるということで選定された。

 新駅名決定をうけて、産業道路駅近くでスポーツ用品店を営む石川克己さん(74)は「長年親しんだ駅名が変わるのは少し寂しい気もする。(個人的には)地名の大師河原になって欲しかったが、地元のシンボルだって言われれば、それも良いかと思う。駅名が変わることで、街が変わることに期待もしたい」と語った。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

「市民向け施設」設置検討も

川崎市卸売市場

「市民向け施設」設置検討も

4月19日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に

4月19日号

市議・県議21人が当選

統一地方選川崎区・幸区

市議・県議21人が当選

4月12日号

今年も健在「昔の娘」

かわさき楽大師

今年も健在「昔の娘」

4月12日号

家庭ごみ回収に民間力

川崎市

家庭ごみ回収に民間力

4月5日号

性の多様性理解呼びかけ

金山神社

性の多様性理解呼びかけ

4月5日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク