川崎区・幸区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

外国につながる子ども 日本語支援を区事業に サポート必要児童が急増

教育

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎区は来年度、外国につながる子どもたちへの支援に取り組む。日本語に不慣れな小中学生が学校生活や地域生活に適応し、健全な生活を送れるように、日本語や教科の学習支援、居場所づくりを行う。

 外国につながる子どもたちを対象とした日本語学習支援は、これまで社会福祉法人青丘社(川崎区桜本)が臨海部で取り組んできた。2017、18年度は区への提案事業として川崎駅前にも地域を広げている。当初、3年計画の提案事業だったが、今後も外国につながる子どもたちが増えると、継続的にサポートする必要性があることから区が直接事業を行うこととなった。

 区は主として学校関係との調整や事業の広報など後方支援的な役割を担い、現場は引き続き青丘社が行う。

 現在、小学生には教育文化会館(川崎区富士見)で水曜日、教会サポート教室(川崎区桜本)で土曜日、中学生にはふれあい館(川崎区桜本)で水曜、土曜日にそれぞれ日本語学習と基礎学習支援を行っている。

 4月以降は夏休みに、県立川崎高校と連携し、中学生を対象にサマースクールも行う予定。同じような境遇の高校生がボランティアとして参加し、後輩に内申のことなど教えることなどを期待する。

 青丘社の担当者は「区との共同事業になることで、区が家庭訪問をして支援が必要な子どもの紹介がふえるなど、これまでの個人のネットワーク頼りではつながれなかった子どもにつながることに期待したい。個別の取組から連携を取り合い、総合的な取り組みができるようになると思う」と語った。

 青丘社によれば、区内の外国人児童生徒の中で日本語支援を必要とする人数は、小学生が15年度の50人から17年度には186人に、中学生は27人から65人にと急増している。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

子連れ献血4月開始

ルフロンルームで

子連れ献血4月開始 社会

市民の声 契機

3月27日号

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的言動などを例示

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

レジェンド最後の騎乗

川崎競馬場森下騎手

レジェンド最後の騎乗 スポーツ

観客不在も笑顔みせる

3月13日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク