川崎区・幸区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

メジャーデビューし、今月24日にCDをリリースする 金(キム) 眞(ジン)さん 川崎区在住 

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

辛い経験歌に込める

 ○…クラブ歌手として、川崎駅東口の商店街「たちばな通り」にある店をはじめ、川崎市を拠点にステージに立つ。今月24日には、故・阿久悠さん作詞、浜圭介さん作曲の『昭和最後の秋のこと』でメジャーデビュー。「平成の最後に、昭和の最後の歌を聴いてもらおう」がコンセプト。月末には、ミューザ川崎市民交流室でコンサートを行う。

 ○…韓国忠清道(チュンチョンド)生まれ。幼少時からKBS少年少女合唱団で活躍し、韓国テレビ番組の歌謡ショーで入賞経験を持つ実力派だ。歌手の桂銀淑(ケイウンスク)さんや欧陽菲菲(オーヤンフィーフィー)さんをほうふつさせるようなハスキーボイスに加え、どことなく女子プロゴルファーのイ・ボミ選手に似ている顔立ち。店の常連客からは「ケ・ボミ」と呼ばれ、親しまれている。

 ○…川崎では2017年、飯塚正良市議が開いた南相馬と韓国・富川(プチョン)の絆チャリティーコンサートで初めてステージに立った。この年、作曲家・李喆雨(リチョルウ)氏がプロデュースしたCD『わが人生』をリリースしたところ、キングレコードのプロデューサーの目に留まった。

 ○…順風満帆の人生を歩んでいるのかと思いきや、かつては元夫のDV(ドメスティックバイオレンス)に苦しめられた経験がある。友人のつてを頼り、逃げるようにして渡日したという。日本語もままならない中、知人の保証人としてサインをし、借金の返済に追われていた時期もあった。生きることに必死で「まさか歌手になれるとは思わなかった」というのが実感だ。辛い経験があるからこそ、心に響く歌を歌いたいと思う。「私の声で、みなさんの心が開けばいいな」。メジャーデビューを機に、路上ライブも行いたいと意欲を見せる。「今はカバー曲を歌うが、いずれはオリジナル曲を発表したい」とも笑顔で語る。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

中村 純子さん

幸区を拠点に、地元カフェや市内介護施設などでオカリナ演奏を行う

中村 純子さん

幸区鹿島田在住 58歳

9月13日号

中山 紳一さん

40の市民スポーツ団体などが加盟する(公財)川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

畑 智晃さん

不登校の当事者やその保護者に向けたイベントを8月に主催した

畑 智晃さん

幸区南加瀬「寂光庵」僧侶 39歳

8月30日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月16日号

高木 佑真さん

8月9日からのアーバンナイトカーニバルに出場する

高木 佑真さん

川崎競輪場所属 20歳

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

神社とクラブが融合

9月22日

神社とクラブが融合

若宮八幡宮でフェス

9月22日~9月22日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク