川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

名物店と栽培名人コラボ のらぼう菜をキムチに 福田市長に完成報告

経済

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
福田市長を囲む渥美和幸さん(左から2番目)ら=上写真。完成したのらぼう菜キムチ
福田市長を囲む渥美和幸さん(左から2番目)ら=上写真。完成したのらぼう菜キムチ

 多摩区の伝統野菜「のらぼう菜」を使ったキムチが、川崎区の名物キムチ店で今月上旬まで販売された。川崎南北の名産品がコラボして完成した新商品を味わってもらおうと、今月10日には、生産農家と製造販売者が福田紀彦市長を訪問した。

 報告に訪れたのは、菅のらぼう菜保存会代表で地域特産物マイスターの高橋孝次さん(87)、妻の寛子さん(83)、キムチ店「おつけもの 慶 kei」を運営するグリーンフーズあつみ代表取締役の渥美和幸さん(48)、取締役の渥美朱美さん(53)、プロジェクトマネージャーの伊藤泰介さん(49)の5人。

 高橋さんによると、のらぼう菜は約800年前から多摩区菅で栽培され、代々、次の世代へと伝わってきたという。現在は中原区以北で栽培され、市によると、2017年度の収穫量は1万3215kgという。

 「おつけもの 慶 kei」は、多くの焼肉店やキムチ専門店が軒を連ねる川崎区の中でも名物店として知られる。「野菜の数だけキムチはある」をモットーに、様々なキムチを商品化している。

 渥美さんが地産地消にこだわったキムチに力を注いでいることを知った川崎市産業振興財団が、栽培名人の高橋さんを紹介し、今年3月から販売した。販売期間中、渥美さんは毎週高橋さんの元を訪れ、約15kgから30kgを仕入れたという。本業は青果店を営む渥美さんだが「のらぼう菜が川崎の伝統野菜だとは知らなかった」。キムチをつくるにあたり、高橋さんから教わった色合いをよくする技術を取り入れたとも話す。

 野菜特有の癖がなく、筋っぽさがないのが特徴。

試食した福田市長は「食べてみて、なるほど、よく思いついた。チャンピオンクラス同士がお互いの強みを生かした最強タッグ」と絶賛した。

 最近は、カステラをはじめ、のらぼう菜とのコラボ商品が登場しているが、川崎市南部とのコラボは初めて。「キムチは想像もつかなかった」と高橋さんは驚く。今後は「質の高いのらぼう菜を普及させるためにも技術指導に力を入れたい」と高橋さんは語る。

 渥美さんは「川崎南部の方はのらぼう菜を知らない。キムチを通じて広めたい」と意気込む。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

等々力で千人と「OH!」

SHISHAMO

等々力で千人と「OH!」 文化

ロッテ新CM 広瀬すず共演

6月21日号

自転車寄贈活動17年で幕

自転車寄贈活動17年で幕 社会

日本ベトナム友好協会川崎支部

6月21日号

11人が立候補表明

11人が立候補表明 政治

夏の参院選神奈川選挙区

6月21日号

企業と共に地元盛り上げ

企業と共に地元盛り上げ 教育

市立川崎高校

6月21日号

商議所女性会、50周年祝う

商議所女性会、50周年祝う 経済

KCCIホールで式典

6月21日号

愛児園にタオル寄贈

愛児園にタオル寄贈 社会

川崎JC

6月21日号

富川市親善演奏へ意欲

富川市親善演奏へ意欲 文化

地元合奏団が壮行会

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク