川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

運転免許自主返納者 市内は減少傾向か 川崎独自の後押しは未定

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

 全国で高齢ドライバーによる交通事故が相次ぐ中、今年1月から4月末までに川崎市内では1395人(暫定値)が運転免許証を自主的に返納したが、前年同時期比で105人減少した。市内における自主返納促進の動きは鈍い。

 県警によると2018年の1年間で市内の自主返納者は4072人。前年から532人減少した。18年3月に改定された「川崎市総合都市交通計画」によると市内では、自動車の利用は臨海部や鉄道駅から離れた北部で高いが、該当地域の川崎区、麻生区で自主返納者の割合が高いのが特徴だ。

 全国では昨年、42万1190人が自主返納した。免許更新時に認知機能検査が必要となる75歳以上は29万2089人で、全体の約7割だった。

 自治体によっては、返納後の希望者に交付される「運転経歴証明書」の提示で公共交通機関の運賃割引などのサービスを行い、自主返納後の外出を後押ししている。

 市は満70歳以上の市民に、バスに優待乗車できる高齢者特別乗車証明書を交付。一方「運転経歴証明書」の提示で受けられる市内の交通サービスは現時点でない。県タクシー協会川崎支部の担当者は「公的な補助もなく事業者負担になってしまうため今のところ運賃割引は行っていない。検討課題には挙がっている」と話す。市市民文化局は「市独自で自主返納に関するサービスは予定していない」としている。

交通特典望む声

 休日に運転するという男性(61)=麻生区在住=は、自主返納について「返納は70歳くらいだと思う。重いものを運ぶのに車がないと不便かもしれないので返納後に行政サービスでプリペイド式のタクシー利用カードがあれば便利」と話している。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

税収減56億、補てんへ

川崎市ふるさと納税

税収減56億、補てんへ 政治

推進本部発足 「返礼品に力」

6月21日号

廃棄野菜でウニ養殖実験

川崎幸市場

廃棄野菜でウニ養殖実験 社会

販売目指し2度目の挑戦

6月21日号

洋式化、22年度完了へ

市立学校全トイレ

洋式化、22年度完了へ 教育

市、大島小・南河原中など着工

6月14日号

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

両支所建て替え案浮上

大師田島

両支所建て替え案浮上 社会

市「窓口体制整備とともに」

6月7日号

市民の歌オルゴールに

新川通大西さん

市民の歌オルゴールに 社会

夫婦の一言から製品化

5月31日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク