川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

W杯 タッチラグビーで銅獲得 川崎区 河田さんメンバー

スポーツ

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
銅メダルを胸にかけ、誇らしげな河田さん
銅メダルを胸にかけ、誇らしげな河田さん

 川崎区小田在住の河田良郎さん(47)が日本代表メンバーのタッチラグビー日本代表メンズ40チーム(40歳以上)が、4月29日から5月6日にマレーシアで開催されたワールドカップで、令和初の国際大会メダルとなる銅メダルを獲得した。優勝はニュージーランド、準優勝はオーストラリアだった。

 3位決定戦ではヨーロッパチャンピオンのフランスと対戦し、延長の末、6対5で勝利した。

 河田さんは「メダル獲得が目標だったので、嬉しい以外何もない」と喜びを語った。ただ、大会の1カ月前、練習中に右足の小指を骨折し、万全のコンディションで臨めなかったことが悔やまれる。

 河田さんとタッチラグビーの出会いは19歳の時。職場の先輩に誘われ、初めて参加した時にトライを決めて、その快感に虜になった。2007年南アフリカ大会から日本代表に選ばれ、11年スコットランド大会、15年オーストラリア大会、そして今回のマレーシア大会と4回目の挑戦で初のメダルにたどり着いた。

 「目標を達成したので、次のモチベーションをどうするか。次の目標が見つかればまた日本代表を目指します」と語った。

 河田さんは東京都タッチラグビー協会の役員も務めており「まだマイナーな競技ですが、運動が得意でなくても、老若男女が楽しめる生涯スポーツなので多くの人に興味を持ってもらいたい」と普及にも力を入れる。

 今大会ではメンズ40以外にも、メンズオープン、ウィメンズオープンがそれぞれ初の銅メダルを獲得した。

 タッチラグビーはラグビーからタックルやスクラム、キックなどを取り除き、ソフトにした競技。

6対6で攻守に分かれ、相手チームのゴールへのトライを目指す。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

ラグビー、ゴール再整備

等々力陸上競技場

ラグビー、ゴール再整備 スポーツ

東京五輪 英国受け入れへ

6月14日号

水素燃料電車、南武線に

水素燃料電車、南武線に 社会

2021年に実証実験

6月14日号

川崎宿の町並みに迫る

29日市教文

川崎宿の町並みに迫る 文化

6月14日号

操法大会で鍛錬競う

操法大会で鍛錬競う 社会

川崎・臨港・幸消防団

6月14日号

「あじさい寺」見頃に

「あじさい寺」見頃に 文化

16日 多摩区でまつり

6月14日号

やってみたいを語り合う

幸区北加瀬

やってみたいを語り合う 社会

はたらくらすがWS

6月14日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク