川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

第54回神奈川県看護賞を受賞した 志田 千代子さん 川崎区元木在住 59歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

笑顔のために寄り添う

 ○…「看護に携わる人にとっては目標の賞。まさか自分がもらえるとは信じられなかったが、続けてきたことは間違っていなかったと実証できたのは嬉しい」。今月、県内で保健師、助産師、看護師などとして、業務に励み、顕著な業績を上げた人に贈られる神奈川県看護賞を受賞した。

 ○…幼稚園の頃、中耳炎で親元を離れ1カ月ほど入院した。不安で仕方ない自分の手を握ってくれたり、寄り添ってくれたりした若い看護師の優しさに触れ、「こんな人になりたい」と思ったのが、看護師を目指したきっかけだった。准看護師になりたての頃、担当した若いがんの患者に対し、何もできなかった自分が情けなく、もっと勉強しなければと思い、勤務後、夜間の看護学校に通い、看護師の資格を取った。病気に対する知識が深まったことで、裏付けを持って患者を見ることができ、自信にもつながったという。長い看護師人生、たとえ自分がきつい時でも、できるだけ患者に寄り添い、思いやりのある優しさを忘れないという信念を貫いてきた。

 ○…群馬県嬬恋村出身。高校卒業後、伯母が勤めていた太田総合病院で働くために川崎へ。看護部長にまでなったが、現場で働いていたかったことと、体調を崩したこともあり、52歳の時一度退職。2年ほど休養していたが、病院から戻ってこないかとラブコールがあり「復帰は悩んだが、やはり看護師の仕事が好き」と復職。現在は看護部顧問として活躍する。

 ○…家族は夫と息子。仕事を続けながら子育てできたのは「しっかり子どもに愛情を注いでくれた夫のおかげ」と感謝する。趣味はドライブ。花を見るのが好きで、休みの時にはあしかがフラワーパークや、ひたち海浜公園など、季節の花を見に遠出をして発散する。

9月5日不動産フェア2019

宅建チャリティ寄席@エポック中原

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

村石 英雄さん

第32回全国健康福祉祭(ねんりんぴっく)将棋の部個人戦で優勝した ”と金”のごとく積み重ね

村石 英雄さん

川崎区藤崎在住 68歳

12月6日号

飯田 誠二さん

2019年度かわさきマイスターに認定された

飯田 誠二さん

川崎区旭町在勤 51歳

11月29日号

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区塩浜在勤 57歳

11月22日号

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

赤穂浪士ゆかりの品公開

12月14日

赤穂浪士ゆかりの品公開

下平間の稱名寺で

12月14日~12月14日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク