川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

第54回神奈川県看護賞を受賞した 志田 千代子さん 川崎区元木在住 59歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

笑顔のために寄り添う

 ○…「看護に携わる人にとっては目標の賞。まさか自分がもらえるとは信じられなかったが、続けてきたことは間違っていなかったと実証できたのは嬉しい」。今月、県内で保健師、助産師、看護師などとして、業務に励み、顕著な業績を上げた人に贈られる神奈川県看護賞を受賞した。

 ○…幼稚園の頃、中耳炎で親元を離れ1カ月ほど入院した。不安で仕方ない自分の手を握ってくれたり、寄り添ってくれたりした若い看護師の優しさに触れ、「こんな人になりたい」と思ったのが、看護師を目指したきっかけだった。准看護師になりたての頃、担当した若いがんの患者に対し、何もできなかった自分が情けなく、もっと勉強しなければと思い、勤務後、夜間の看護学校に通い、看護師の資格を取った。病気に対する知識が深まったことで、裏付けを持って患者を見ることができ、自信にもつながったという。長い看護師人生、たとえ自分がきつい時でも、できるだけ患者に寄り添い、思いやりのある優しさを忘れないという信念を貫いてきた。

 ○…群馬県嬬恋村出身。高校卒業後、伯母が勤めていた太田総合病院で働くために川崎へ。看護部長にまでなったが、現場で働いていたかったことと、体調を崩したこともあり、52歳の時一度退職。2年ほど休養していたが、病院から戻ってこないかとラブコールがあり「復帰は悩んだが、やはり看護師の仕事が好き」と復職。現在は看護部顧問として活躍する。

 ○…家族は夫と息子。仕事を続けながら子育てできたのは「しっかり子どもに愛情を注いでくれた夫のおかげ」と感謝する。趣味はドライブ。花を見るのが好きで、休みの時にはあしかがフラワーパークや、ひたち海浜公園など、季節の花を見に遠出をして発散する。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

喜楽亭 笑吉さん(本名:依田 耕一)

東海道かわさき宿交流館で寄席をひらく社会人落語家の

喜楽亭 笑吉さん(本名:依田 耕一)

川崎区役所職員 47歳

7月12日号

野村 龍太さん

キングスカイフロントネットワーク協議会会長を務める

野村 龍太さん

目黒区在住 65歳

7月5日号

ヨシザワ コウタさん(本名 吉澤 康太)

NHKみんなのうた「変顔体操」を歌う

ヨシザワ コウタさん(本名 吉澤 康太)

幸区小倉在住 36歳

6月21日号

高安 千穂さん

川崎市内でケアについての勉強会を開催する

高安 千穂さん

幸区北加瀬在住 39歳

6月14日号

奥貫 賢太郎さん

「ほしぞらディスコ」を主催した大師ONE博実行委員会のリーダー

奥貫 賢太郎さん

川崎区大師町在住 31歳

6月7日号

大谷 茂さん

畑作りからわらび餅製造に取り組む

大谷 茂さん

川崎区大師駅前在住 53歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク