川崎区・幸区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

富川市親善演奏へ意欲 地元合奏団が壮行会

文化

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
記念写真に納まる合奏団のメンバーと関係者
記念写真に納まる合奏団のメンバーと関係者

 7月2日から3日間、川崎市の友好都市韓国富川市を中心に演奏を行う「アゼリア合奏団inシニア」(森田忠芳代表 会員60人)が今月7日、川崎市教育文化会館(川崎区富士見)で壮行会を開いた。

 同合奏団は8年前に結成し、川崎・幸区のシニア世代の音楽愛好者らでつくる。6年前、富川市派遣職員として1年間川崎市に着任した金在郁(キムジュウク)さんが、同合奏団と交流を深め、昨年韓国を訪問した同合奏団メンバーの小泉具之さんが金さんと再会したことから親善演奏が決まった。

 壮行会では、富川市名誉市民の飯塚正義市議が来賓として挨拶。「国家間では徴用工問題など不協和音が続いているが、市民レベルでは今回のアゼリア合奏団の富川訪問演奏旅行など、幅広い交流関係がつくられている。訪問先の市庁舎、老人ホーム、小学校、幼稚園などで予定されている演奏会の成功を願ってやまない」とエールを送った。

 水谷吉孝川崎区長が祝辞を述べたほか、李明烈(リミョンリョル)韓国横浜総領事からのメッセージが寄せられた。

 演奏も行われ、川崎市歌をアレンジした曲では間奏に「故郷」が挿入された音楽が披露。参加者の心を打った様子だった。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

マリンバコンサート

コーナー開設期間を延長

マイナンバー設定支援

コーナー開設期間を延長 社会

12月28日まで

9月24日号

川崎図書館で「二ヶ領用水」展

南武線でクイズラリー

JR東日本

南武線でクイズラリー 社会

10月1日から11月7日

9月24日号

「特別自治市制度」学ぶ

「特別自治市制度」学ぶ 社会

川崎市議会が研修会

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook