川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

神大OB組織 川崎で40年ぶりに復活 市内卒業生 有志が再建

文化

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
川崎市宮陵会メンバー(右から2人目が小林会長)
川崎市宮陵会メンバー(右から2人目が小林会長)

 市内在住の神奈川大学卒業生がこのほど、同窓会組織「川崎市宮陵会」を41年ぶりに復活させた。再建メンバーは活動を本格化させようと検討を進めている。

 (一社)神奈川大学宮陵会は同大と卒業生の連携を図る団体として国内と米国、英国などに地域組織を持つ。川崎では1955年頃に一度発足されたが78年の「支部長改選中」という記録を最後に活動実態が不明となっていた。

 新組織は宮陵会で役員経験がある有志らが昨年9月、準備委員会を立ち上げ、十数人で活動を開始。今年3月の総会で正式に活動を再開させた。

 「大学がある横浜市の隣、卒業生が4千人以上もいる川崎で組織が動いていなかったので、母校の力になろうと思った」と話すのは小林和正新会長(80)=高津区在住。現在は小林会長や設立メンバーらが月1回、同大にある宮陵会館で会合を行い、会のPR手段などを検討している。小林会長は「まずは川崎にOB組織ができたことを知ってもらい、会員を増やすことが第一。愛校心が伝わる活動を行っていきたい」と意気込みを語る。

 同会は今後、神大での関連イベントなどにブースを出展し周知を図っていくという。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook