川崎区・幸区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

県政報告 「保護」から「愛護」へ県動物愛護センター完成 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県動物保護センター(平塚市)が「神奈川県動物愛護センター」と名称を変えてリニューアル。動物を処分するための施設から、命を繋ぎ「生かすための施設」へと生まれ変わりました。

ペットの「いのち」を守るために

 神奈川県動物保護センターは、野犬や飼えなくなった犬を処分する施設として1972年に設置されました。当時は全国で、年に100万頭を超える犬が保健所などに収容されており、殺処分という方法を取らざるを得なかったのです。しかし、関係者の「いのち」を守りたいという思いが40年後大きく実を結び、平成25年に都道府県としては初めて、犬の殺処分ゼロを達成。翌年には猫も殺処分ゼロになりました。

 ただ、この偉業はボランティアの皆さんの懸命な活動と、現場スタッフの涙ぐましい努力により、紙一重のところで成立しています。

 私は殺処分ゼロを支えるために、平成26年12月の県議会一般質問で具体的な提案を示しました。

動物愛護の拠点に!

 質問では、以下の内容を提言しました。

【1】動物保護センターの建替え(当時のセンターは、焼却処分場の大きな煙突が異様な雰囲気を漂わせ、到底「動物愛護の拠点」と言えるものではありませんでした)

【2】そのための寄付を募る基金の創設(基金を設立すれば、財政の厳しい中での資金確保に繋がるだけでなく、広く県民の皆様の理解を得る広報効果もあると考えました)

【3】迷子ペットの飼い主を特定できるマイクロチップの推進(無責任な飼育の抑制だけでなく、大災害時の飼い主の特定にも役立ちます)

 知事はこれらすべての提言に賛同。最終的に寄付は2億8000万円を超え、このほど『神奈川県動物愛護センター』が完成しました。

 これからも、小さな「いのち」を守る取り組みを推進してまいります!

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

http://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

幸市民館のトイレ洋式化と改修を強く要望

市政リポート

幸市民館のトイレ洋式化と改修を強く要望

川崎市議会議員 総務委員長 野田まさゆき 自民党

7月26日号

塩浜3丁目周辺地区「水辺の拠点」について質問

市政報告

塩浜3丁目周辺地区「水辺の拠点」について質問

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議会議員団 林としお

7月26日号

大災害時の行政体制について初の見解

議会報告

大災害時の行政体制について初の見解

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月19日号

通学路の安全確保について質問

市政報告

通学路の安全確保について質問

みらい川崎市議団 たむら 京三

7月19日号

災害発生時の安全確保に向けて

議会報告

災害発生時の安全確保に向けて

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月12日号

誰もが安心して暮らせる川崎市に

誰もが安心して暮らせる川崎市に

川崎市議会議員 山田えり

7月12日号

9月5日不動産フェア2019

宅建チャリティ寄席@エポック中原

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シニア音楽成果を披露

9月21日

シニア音楽成果を披露

ミューザ川崎で

9月21日~9月21日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク