川崎区・幸区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

救助技術大会で全国V 臨港署 福永さんと丸山さん

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手に笑顔の福永さん(右)と丸山さん
表彰状を手に笑顔の福永さん(右)と丸山さん

 消防署員の救助技術向上を目的とした「第48回全国消防救助技術大会」がこのほど、岡山市で開催され、川崎市消防局から出場した臨港消防署(菅野浩一署長・川崎区池上新町)の福永宏樹さん(39)、同署の丸山悟さん(26)、高津消防署の矢澤隼人さん(26)のチームが水上の部の「溺者救助」で優勝を果たした。

 「溺者救助」は、溺れる役の「要救助者」、それを助ける「救助者」、サポート役の「補助者」が3人1組で挑む競技。救助者と補助者は協力して浮き輪にロープを結んだ後、浮き輪を水面に投下。25メートル先にいる要救助者まで救助者が泳いで浮き輪を運び、補助者がロープを引き寄せて要救助者を助けるまでの時間を競う。

 同競技の平均的な所要時間は43秒。優勝した3人の記録は27・3秒で、2着の京都市消防局の記録28・2秒と0・9秒差だった。

 練習は昨年11月から週2回の1日3時間ほど、川崎区南渡田町にあるJFEスチール(株)東日本製鉄所京浜地区のプールで励んだ。練習を始めて数カ月は泳力強化のため、1日5000メートル以上泳ぐ基礎練習を実施した。今年3月下旬から本番同様の種目練習を始めたという。

 福永さんは「競技中の自分たちの動画を見ながら、浮き輪を投下する位置、ロープの投げ方などを研究し、何百回と練習を重ねた」と振り返る。続けて「昨年と同じメンバーで挑めたことで、チームワークを生かした競技ができた。この経験を災害活動などに生かしたい」と語った。

 丸山さんは「全国優勝を目指していたので、1年の訓練の集大成としてこのような成績が残せて嬉しい。署員の方々の応援のおかげ」と話した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

等々力リベンジへ結束

SHISHAMO

等々力リベンジへ結束 文化

来夏ライブ、市長と語る

10月18日号

川崎区、幸区にも爪痕

台風19号

川崎区、幸区にも爪痕 社会

10月18日号

慶の食堂オープン

慶の食堂オープン 経済

発酵食を提供

10月18日号

カルッツで髪切りマッチ

カルッツで髪切りマッチ スポーツ

女子プロレス団体

10月18日号

キルトの力作100点展示

23日から28日

キルトの力作100点展示 社会

川崎区在住の2人作品展

10月18日号

865人が激走

865人が激走 スポーツ

幸区リレーカーニバル

10月18日号

遺志受け継ぎマダイ放流

遺志受け継ぎマダイ放流 社会

かわさきの海で

10月18日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加藤哲郎さん来たる

近鉄OB

加藤哲郎さん来たる

 10・19から31年

10月19日~10月19日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク