川崎区・幸区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

浜辺清掃で「心すっきり」 川崎区 放課後デイ児童

社会

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
集中してゴミ拾いする児童たち
集中してゴミ拾いする児童たち

 川崎区浅田の放課後等デイサービス「JOY KIDS」(大森春樹代表)に通う小中学生たちが5日、東扇島東公園(川崎区東扇島)の浜辺の清掃活動を行った。活動後は市から感謝状が贈られ、大森代表は「(児童らが)人の役に立っていると自信につなげられたのでは」と話す。

 この日は近隣の放課後等デイサービス「JOY KIDS SKY」、「ひなたぼっこおだの家」の児童のほか、職員も参加し、計33人で浜辺のゴミ拾いを開始。児童たちは目を凝らしながら、砂に埋もれたゴミまで丹念に拾い集めた。「こっちにたくさんある」、「これはゴミかな」と皆で協力しながら、タバコの吸い殻、ペットボトル、プラスチックなど、15リットルほどのビニール袋16袋分のゴミを回収した。

 参加した児童は「たくさんゴミを拾って心がすっきりした」と話した。

 今年8月、同教室の児童たちが課外活動の一環で同所を訪れたところ、ゴミが散乱する様子を見て「皆で浜辺をきれいにしよう」と清掃活動を思い立った。職員の一人が清掃後のゴミの処理方法などを調べるうちに市の関係者につながり、同所を管理する市港湾局の担当者と調整を図った。その後、市から10月に同所で行う「川崎みなと祭り(中止決定)の開催に合わせて清掃をして頂くのはどうか」との提案を受け、今回実施に至った。清掃後は、港湾局長から児童たちに感謝状と記念品が贈呈された。市の職員は「今後もぜひ市民の方々と緑地の清掃をできれば」と話す。

 同教室は、主に発達障害がある子ども24人が通所する。幼少から様々な体験をさせることで「何ごとも楽しむ」精神を育み、大人になってから就労できる子どもの育成を目指している。姉妹校の「JOY KIDS SKY」では今年4月から、鶴見川沿いを月1回ほど清掃している。

 大森代表は「子どもたちには様々な経験を通してできることを増やしていってほしい」と語る。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

桜本で恒例「日本のまつり」

あさって17日

桜本で恒例「日本のまつり」 社会

商店街で多彩な催し

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 スポーツ

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

アンプティ盛り上げたい

川崎Fサポ 故石渡さん

アンプティ盛り上げたい スポーツ

サッカー協会、賞創設

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

フィリピン大学生奮闘中

フィリピン大学生奮闘中 社会

外国人介護人材を活用

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク