川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

「共生社会牽引できる条例」 安藤弁護士が認識

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
要請書を示しながら語る安藤弁護士
要請書を示しながら語る安藤弁護士

 川崎市が12月議会での成立を目指すヘイトスピーチに罰則規定を設けた条例案について、弁護士有志が先月28日、市や市議会に要請書を提出した。提出者の一人である安藤肇元横浜弁護士会(現神奈川県弁護士会)川崎支部長は、条例が制定されれば「川崎市が全国に先駆けて日本の共生社会をリードする」と意義を語る。

 要請書によると、市が示した条例案について「人権が尊重されるまちづくりに向けた市等の責務を明らかにしている」とし、ヘイトスピーチを実際に止めるための禁止規定と罰則規定を設けた点を評価。「強く支持」と打ち出す。その上で、ヘイトスピーチ規制の保護対象者の定義の条件見直しなど、12項目の修正と追加を要請する。

 安藤弁護士は市の条例案について、「罰則を科すにあたって3カウントルール(勧告→命令→公表・罰則)と審議会による中立審査が肝になっている」と指摘。「不当な表現の自由規制にならないような配慮がされており、妙案だ」と賛意を示す。一方でインターネットによるヘイトスピーチ対策や規制の場所の範囲について「若干の修正が必要ではないか」との認識を示した。

 川崎市内には在日コリアンが経営する会社も数多い。「差別される側は少しの差別的表現や取り扱いに本当に心が傷つく」。安藤弁護士は在日経営者が発したこの言葉を弁護士活動の中で大切にしているという。締めくくりに「まじめに普通に暮らす人を不必要に排斥するのは、世界の潮流からも離れている。みんなが幸せになれない」と、条例制定の必要性を改めて強調した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

渾身の喜劇2本立て

京浜協同劇団

渾身の喜劇2本立て 文化

地域へ感謝60周年公演

11月8日号

サツマイモ収穫に汗

サツマイモ収穫に汗 社会

保育園児とNTT社員

11月8日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月8日号

南加瀬で慈善バザー

南加瀬で慈善バザー 社会

つくし会

11月8日号

工場夜景の魅力を講演

工場夜景の魅力を講演 社会

観光シンポジウムで

11月8日号

特別試合 12月末に

転ばぬ体づくりを伝授

転ばぬ体づくりを伝授 教育

17日 市薬剤師会が講座

11月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク