川崎区・幸区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

11月1日付で、川崎商工会議所の会頭に就任した 草壁 悟朗さん 幸区在住 66歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

川崎の可能性信じ、前へ

 ○…川崎信用金庫(川信)で40年、理事長まで務めた経験と実績を期待され、会頭への打診を受けた。経営とは異なる職務に「戸惑いはあったが、やらない選択肢はない」と受諾。地元企業と接する中で、肌で感じるのはニーズの変化だ。「時代とともに経営者が求めるものは変わる。行政、関係団体、士業の方などオール川崎で企業経営を支援することが必要」と見定める。

 ○…川信に入庫したのは1977年。金融機関で働く気はなかったが、就職難だったこともあり一度企業訪問しようとアポ無しで普通預金の窓口へ。「そんな学生をよく通してくれたよね」。仕事の厳しさを知ったのは

資金運用を任された時。1日百万円単位もの値動きに「マイナスの時はストレスで食事が喉を通らなくてね」。それでも膨大なデータを取り扱う決算経理では的確に業務を遂行し、後に世に出た専用ソフトにも劣らない正確さを極めた。

 ○…古市場小、平間中に通い、多摩高へ進学。「のんびりマイペースな性格」からか大学受験に失敗。「ちょうど親父が定年の時に浪人したから怒られたよ」と苦笑い。慶応大学ではサッカーサークルに親しみ、今でも地域のシニアチームで汗を流す。「シニアは空いたスペースにボールを出しても追いつけないから。足元にパスしないとだめ」と自虐を込める。

 ○…川崎の経済について「恵まれている一方で可能性を生かし切れていない」とも。古代ギリシャの言葉「汝の一歩を加えて、剣の短きを長くせよ」を例に、「昔と業態を変えて経営している企業も少なくない。もう一歩、あと一手、をどうするか。それは商工会議所も同じ」。川崎の可能性を信じ価値を高めていくため、地道に、確実に前に進めるつもりだ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

緑川 愛(あいら)さん

発達障害への偏見を無くそうと、執筆や啓発イベントを行うプロボクサー

緑川 愛(あいら)さん

神奈川渥美ジム(川崎区)所属 36歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク