川崎区・幸区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

「複数タイトル目指す」 川崎Fが新体制会見

スポーツ

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
サポーターを背に活躍を誓う新加入選手ら
サポーターを背に活躍を誓う新加入選手ら

 サッカーJ1・川崎フロンターレは今月11日、昭和音楽大学(麻生区)で新体制発表会見を開いた。今季は複数のタイトル獲得を目標に掲げた一方、新しい地域密着の取り組みに意欲を示した。

 会見には、藁科義弘社長や鬼木達監督をはじめ、桐光学園出身のイサカ・ゼイン選手、フロンターレユース出身の三苫薫選手ら新しく加入した選手が出席した。

 藁科社長はこの日集まった1246人のサポーターを前に「昨年末、優勝パレードができなかった。こんなに寂しいことはなかった。何としてもリーグ戦を奪還したい。そしてルヴァン杯も天皇杯もとりたい」と力を込めた。

 キャッチフレーズは「GET NEXT 青き意志とともに」。今季は「フロンターレの将来の基礎を作る」年と位置付け、多摩区の生田浄水場の跡地にスポーツ拠点「フロンタウン生田」を2022年秋の完成を目指して整備に取り組む。

多摩区に育成拠点

 藁科社長は、若い有望な選手が次々と海外に流出する現状を踏まえ、「今後もフロンターレが常に優勝争いするクラブにするためには未来のフロンターレ戦士を育てる拠点をつくらねばならない」と語った。一方、武蔵小杉駅前にオフィシャルグッズショップ「アズーロネロ」を今春移転オープンすることも明かした。

桜本に山村選手

 同クラブは今月9日、川崎大師平間寺で必勝祈願と商店街あいさつ回りを行った。桜本商店街には山村和也選手が訪れ、ファンとの交流を楽しんだ=写真。山村選手は店主が描いた似顔絵に笑顔を見せ、牛すじ煮込みを堪能。「人情味溢れる商店街。温かい声をかけてもらった。いよいよシーズンが始まる」と気持ちを新たにした。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

サヨナラ、思い出の鉄塔

川崎中

サヨナラ、思い出の鉄塔 社会

夏休みに解体

2月28日号

南北ヒーロー 頂上決戦

南北ヒーロー 頂上決戦 社会

「タージマン」多摩区に挑む

2月28日号

鉄道のまちをアピール

鉄道のまちをアピール 社会

幸区役所 来年度予算案で

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク