川崎区・幸区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

市政報告 全国初、ヘイトに罰則の条例可決・成立 川崎市議会議員 みらい川崎市議団 飯塚正良

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 12月12日の市議会本会議で、ヘイトスピーチを許さない「差別のない人権尊重のまちづくり条例」が可決成立しました。ヘイトデモが川崎市で繰り返されて7年が経過します。4年前、国会で「ヘイトスピーチ解消法」が成立しました。それ以降、確かにヘイトデモは減りましたが、毎月のようにヘイト集団による川崎駅頭の街頭宣伝活動は行われてきました。

 条例成立で今後、相模原市をはじめ、ヘイトスピーチのターゲットとなっている自治体などに強い応援のエールとなったと思います。

差別は犯罪

 本条例の意義の第1は、川崎市が刑事罰を導入し差別は犯罪であることを明確にしたことです。差別は許されない行為であることを川崎市民の共通認識とすることにより、あらゆる差別を抑制し、市民の人権意識の向上に寄与することが可能になります。

 第2は、これまで取り組まれてきた種々の社会福祉分野における国籍条項の撤廃など、川崎市の多文化共生政策が、今回の条例制定によって全国の自治体のモデルとなることです。現在ヘイトスピーチ攻撃の対象となっている相模原市をはじめ多くの自治体が待ち望んでいます。

インターネット拡散防止対策を

 今後の課題もあります。2016年6月施行のヘイト解消法は、差別禁止、制裁、被害者救済規定のない理念法です。そこで今回の川崎市条例の刑罰規定を参考にしたヘイト解消法の補強を進めることです。すでに心ある国会議員が動き出しています。

 そして、インターネット表現活動に係る拡散を禁止させるための具体的対策を明確にすることです。川崎市人権施策推進協議会答申にあるように市民の通報権を認め、市が責任をもって削除要請などを求めます。

飯塚正良

川崎区大島1-23-4斉藤ハイツ

TEL:044-245-0091
FAX:044-246-8868

https://iizukahotline.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

小田地区新たな浸水対策に着手

〜4年越しで成果〜 市政報告

小田地区新たな浸水対策に着手

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議団 林としお

3月27日号

水害時の避難は少しでも早く高い場所へ!安心して避難できる場所の確保を!

市政報告

水害時の避難は少しでも早く高い場所へ!安心して避難できる場所の確保を!

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

3月27日号

水害で避難する際の情報発信改善を!高齢者雇用の拡大を!

令和元年第5回定例会 本会議一般質問【2】 公明党市議団レポートVOL19

水害で避難する際の情報発信改善を!高齢者雇用の拡大を!

川崎市議会議員(公明)かわの忠正

3月27日号

私立高校の実質無償化が拡充

県政報告

私立高校の実質無償化が拡充

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

3月20日号

羽田新ルート・「被害想定」示し市民に判断あおげ

市政報告

羽田新ルート・「被害想定」示し市民に判断あおげ

日本共産党川崎市議団 片柳すすむ

3月13日号

ひとり親家庭の支援と公立小HPの充実を!

市政報告

ひとり親家庭の支援と公立小HPの充実を!

川崎市議会議員 山田えり

3月13日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク