川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

母国・ブルキナファソに「絆高校」を創設した サワドゴ・ブーレイマさん 川崎区扇町在勤 45歳

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

母国の未来思う熱血漢

 ○…「故郷のこどもたちに自分が経験した様な苦労をさせたくない」と、西アフリカの母国ブルキナファソの生まれ育ったマルに、私財約300万円を投じ、2017年に中高一貫の「絆高校」を設立。川崎区の産業廃棄物処理業などを営む三協興産に勤務しながら、今も毎月10万円ほど運営費として送金する。

 ○…ブルキナファソは国連が算出する豊かさの指標「人間開発指数」が189カ国中182位(2018年)で最貧国の一国に数えられる。貧困問題の解決に大事なのは行動を起こせる人の育成で、そのためには日本のような「考える力を育てる教育」が必要だと思い、11年に高校のなかったマルに学校設立を決意。17年9月開校時に35人だった生徒はピーク時に118人までになった。生徒達には「自分で考えて、やりたいことを自分で出来る人になって欲しい」と期待を込める。現在は近隣国の紛争の影響で80人までに減少。経営的には苦しいが、日本人の妻・志津子さんは「あなたは夢に向かってあなたの出来ることをやってください」と応援してくれる。

 ○…こどもの頃は苦労をした。10歳であずけられた叔父の家は20人以上の大家族でご飯を食べるのも競争。中学・高校は家から58Kmも離れた場所にあり、自転車通学だけで半日を費やした。高校卒業後は役所に勤務。05年に日本からの青年海外協力隊として活動していた志津子さんと出会い、08年に結婚するために来日。長男(8)、長女(5)にも恵まれた。

 ○…三協興産には16年から勤務。昨年秋、学校運営の事を知った会社が「素晴らしい活動だ」と支援の募金活動を実施。会社からの寄付も含め約60万円が集まった。「ありがたい。素晴らしいチームだ」と感謝する。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

服部 由弥(ゆうや)さん

「かながわ駅伝」1区で区間賞を取った

服部 由弥(ゆうや)さん

市立塚越中学校3年 15歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク