川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

川崎市市民ミュージアム 収蔵品搬出、残り7割 年度内の作業完了めざす

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
同館の仮設ユニットハウス
同館の仮設ユニットハウス

 川崎市は、昨年の台風19号で浸水被害を受けた市民ミュージアムの収蔵品約22万9千点のうち、7割にあたる未着手の約15万3800点の搬出を今年度内に目指す。搬出した収蔵品は応急処置が施され、冷凍コンテナと仮設ユニットハウスに一時保管されており、本格的な修復は4月以降になる見込み。

 収蔵庫からの搬出が完了している収蔵品は現在、約7万5200点。水に弱い映画のフィルムや、国・県の文化財に指定されているもの、同館に原本が保管されているものを優先的に搬出した。収蔵品は水や薬品で洗浄するなどして一時保管され、修復の必要性を判断して本格的な修復作業に入る。

 市は、同館が被災した昨年10月から収蔵品の搬出を開始。NPO法人文化財保存支援機構などの専門家から支援を受け、作品の搬出と同時に応急処置を行っている。収蔵品の搬出が完了しているのは、借用作品や美術文芸、ビデオが収蔵されていた第5収蔵庫のみ。先月23日からは、コンテナの水を抜く作業を終えた第2収蔵庫(考古資料や土器などを収蔵)の搬出を開始した。

増員も視野

 今後気温が上がるにつれて収蔵品にカビが増加しやすくなるほか、保管場所の温度・湿度管理が難しくなることから、早急な搬出が求められる。現在は約20人体制で1日5時間ほど作業にあたっているが、市の担当者は「今の体制のままでは春先までに作業を終えるのは厳しい。スタッフの増員も視野に入れつつ、作業の効率化を図りたい」と話す。

 搬出開始当初は、収蔵庫内の床が水を吸い変形したり、電気系統の設備が故障してエレベーターが使用できなかったりと作業が難航。最終的に、収蔵庫内の床を張り替えるなどして足場を整備してから搬出に着手したため、実質的な作業に遅れが生じたという。

 収蔵品全ての修復総額や、修復が困難な収蔵品の数は集計に至っていない。修復不可能となった収蔵品についても基本は市の財産のため、措置を検討していく。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

子連れ献血4月開始

ルフロンルームで

子連れ献血4月開始 社会

市民の声 契機

3月27日号

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的言動などを例示

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

レジェンド最後の騎乗

川崎競馬場森下騎手

レジェンド最後の騎乗 スポーツ

観客不在も笑顔みせる

3月13日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク