川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

臨港署管内 放火、啓発効果で3件に

社会

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
同署と地域町会の垣根を超え議論が行われている
同署と地域町会の垣根を超え議論が行われている

 臨港消防署(菅野浩一署長)は、2019年の同署管内の放火発生件数が3件になったと発表した。18年の15件から大きく減少した。

 同署などでつくる放火火災防止対策協議会は2005年に設立され、防火協会、地元町会と自治会、婦人消防隊委員会、臨港警察署などが参加していた。同協議会はほぼ休止状態にあったが、18年に再開。管内の各町会や自治会に対し、放火の発生場所や、燃えるものを屋外に出さないようにすることを周知した結果、地域で共有してくれたという。

 町会の1つ、浜町4丁目町会(青木常治会長)は、不法投棄が繰り返されていたごみ集積所の改善に昨年夏ごろから着手。不法投棄の禁止を訴える張り紙や、集積所の掃除を粘り強く続け、屋外に燃えやすいものが放置されないよう徹底した。青木会長は「昨年末からようやく改善の兆しが見えてきた。集積所をきれいに保つことを目指しつつ、場合によっては廃止も検討する」と話す。

 同署の担当者は「こういった地元の方々の地道な尽力が15件を3件にしたのでは」と語る。

 同協議会は現在、各町会や区役所などの行政機関と連携しながら、年4回ほど定例会を開催。火災防止を啓発するのぼり旗を管内の全35町内会に配布するなど、放火対策の広報にも取り組む。

町会に配布されたのぼり旗
町会に配布されたのぼり旗

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

船内で乗員ら問診

川崎市医師会

船内で乗員ら問診 社会

先月、ダイヤモンド・プリンセスへ

3月27日号

川崎球場の価値を議論

元ロッテ選手出演

川崎球場の価値を議論 スポーツ

28日、ツイッターで生配信

3月27日号

幸区2店舗が受賞

幸区2店舗が受賞 社会

市内の新規店を表彰

3月27日号

イメージキャラに小倉さん

健康祈願で振る舞いビール

健康祈願で振る舞いビール 社会

29日 稲毛神社で

3月27日号

マスク34万枚を配布

川崎市

マスク34万枚を配布 社会

医療機関、児童施設などへ

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク