川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う 岩 篤志(いわ あつし)さん 幸区堀川町在勤 36歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

丁寧に食と向き合う

 ○…「食」を通して地域貢献や活性化を図ろうと、市民向けの料理教室や食育活動を行う。2月には市の寺子屋事業の一環として、中原区の小学校で親子向けお弁当教室を開催。調理や片付けの手間がかからず、子どもにも簡単なレシピを心掛けた。3月は知人の育児料理アドバイザーを招き、幼児も参加できる料理教室を開く。アイデア次第で誰でもおいしい料理が作れるといい、「子どもが家で自分もやってみたいと思えるか」を大切にする。

 ○…川崎区で約60年続く金属加工会社の次男として生まれ、社員の健康や栄養状態を案じる母親が皆の昼食を作る姿を幼い頃から見ていた。大学卒業後は都内に就職。毎日激務の中、お気に入りの店で馴染みの店員に囲まれ、美味しい晩ご飯を食べるのが何よりの癒しだった。「人生で食が占める割合は大きい」と食の大切さを実感。子どもの誕生を機に食への関心がさらに高まり、「栄養面や、何を食べさせるかなど自分の食事以上に気にするようになった」

 ○…横浜市で育つ。中学から6年間ハンドボールに打ち込み、高校の部活では県3位に入賞した実績を持つ。現在は妻、3歳の長女、2歳の長男との3人暮らし。宮前区在住で「仕事は南部、住まいは北部の自分が南北間のつながりを作れたら」と話す。

 ○…今年初め、川崎駅西口に構えたコミュニティカフェを拠点に活動の幅を広げたいと意気込む。父親向け料理教室、川崎発祥とされる三角おむすびを生かした企画、行政・地元企業と連携したワークショップなどやりたいことは尽きない。「自分が作ってみることで、普段ご飯を作ってくれる人の大変さやありがたみが分かる。料理をきっかけに皆が相手を尊重できるようになれば」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

橘 孝さん

【Web限定記事】「羽田増便による低空飛行ルートに反対する川崎区民の会」の代表世話人を務める

橘 孝さん

川崎区田町在住 71歳

2月19日号

鶴田 ちなみさん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」のメンバーで幸区を担当する

鶴田 ちなみさん

幸区出身 

2月12日号

土谷 文明さん

1月6日付で川崎日航ホテル総支配人に着任した

土谷 文明さん

宮前区在住 54歳

2月5日号

岡田 恵利子さん

「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の川崎支部を立ち上げた

岡田 恵利子さん

幸区中幸町在住 38歳

1月29日号

ナヲキングさん(本名:松金直樹さん)

かわさきFMで放送されるラジオドラマ「w(ar)nder world」を企画・制作する

ナヲキングさん(本名:松金直樹さん)

幸区南加瀬在住 40歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク