川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

令和元年第5回定例会 本会議一般質問【2】 公明党市議団レポートVOL19 水害で避難する際の情報発信改善を!高齢者雇用の拡大を! 川崎市議会議員(公明)かわの忠正

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 第5回定例会での質問内容の続編です。

 令和元年東日本台風(19号)では甚大な被害予測の報道により、市内では3万人を越える方々が避難所へ避難しました。台風の場合は「被害が発生する前」に水害の危険が予測され、事前に避難することから、避難にあたり様々な課題が浮かび上がってきました。

 様々な課題の中で、避難にあたり「準備する事」や「避難所へ持参する物」などの情報発信の改善、被害状況の情報収集の改善について川崎市LINE公式アカウントの活用を訴えました。

 危機管理監は「利用者の多くが緊急速報メールを受信できることなどから、台風接近時にハザードマップの確認方法や最適な避難行動を周知するなど発信し、災害発生時にはLINE公式アカウントも活用しながら情報発信する」「情報収集については、災害時には通報情報が膨大となるため難しいので、次期総合防災情報システムで取り組んでいく」と答弁しました。

 人生100年時代を見据え、お元気な高齢者が働けるために、雇用する企業の育成・支援策を取り上げました。

 高齢者の働ける場を拡大するには、雇用する企業の育成・支援強化が重要と主張し、「高齢者を多く雇用している企業の表彰や市のホームページでの紹介、国の助成金の広報等、出来るところから実施するべき」と、今後の取り組みを質問しました。健康福祉局長は「生涯現役社会の実現に向けて、多様な就労機会の確保のために、高齢者の雇用を促進している企業への支援や、国の事業の活用など、今後、一層就労支援の取り組みを進めてまいりたい」と答弁しました。

 また、高齢者を多く雇用する企業では、高齢従業員が認知症を発症する事例を指摘し、「早期発見・早期対応につながるよう市の支援も必要」と主張し、健康福祉局長は「多くの企業の方々に認知症の理解者を増やすことが重要と考えている。今後、認知症サポーター養成講座を企業や団体等への働きかけるとともに、新たに啓発チラシ等を作成し、より一層の普及啓発に取り組む」と答弁しました。
 

かわの忠正

神奈川県川崎市小向西町3-51

TEL:044-511-0687

http://www.kawano-t.com/

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

市立小学校全校に防犯カメラ設置!

市政報告

市立小学校全校に防犯カメラ設置!

みらい川崎市議団 たむら 京三

4月3日号

小田地区新たな浸水対策に着手

〜4年越しで成果〜 市政報告

小田地区新たな浸水対策に着手

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議団 林としお

3月27日号

水害時の避難は少しでも早く高い場所へ!安心して避難できる場所の確保を!

市政報告

水害時の避難は少しでも早く高い場所へ!安心して避難できる場所の確保を!

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

3月27日号

水害で避難する際の情報発信改善を!高齢者雇用の拡大を!

令和元年第5回定例会 本会議一般質問【2】 公明党市議団レポートVOL19

水害で避難する際の情報発信改善を!高齢者雇用の拡大を!

川崎市議会議員(公明)かわの忠正

3月27日号

私立高校の実質無償化が拡充

県政報告

私立高校の実質無償化が拡充

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

3月20日号

ひとり親家庭の支援と公立小HPの充実を!

市政報告

ひとり親家庭の支援と公立小HPの充実を!

川崎市議会議員 山田えり

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク