川崎区・幸区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

マスクでまちを元気に 商店街と地域団体がタッグ

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
マスクを手にする奈良さん、小林さん、米澤さん(左から)
マスクを手にする奈良さん、小林さん、米澤さん(左から)

 川崎駅広域商店街連合会と地域のママたちが活動する「川崎区盛り上げ隊!」はハンドメイドマスクの販売を通じ、まちの活性化をはかる「たのまちプロジェクト」を立ち上げた。コロナ感染拡大防止に貢献しながら、個店や商店街のイメージアップを狙う。

 広域商連の福田広美さんは「商店街として地域住民の役に立ちたい、地域貢献をしたい」という思いで地域で活動する盛り上げ隊に話を持ち掛けたという。

 盛り上げ隊・隊長の米澤奈緒さんは「2月から10以上のイベントが中止になった。集まれなくても制作して人に喜んでもらえるのは嬉しい。ありがとうと言ってもらえるのは次の行動への原動力になる」と商店街とのタッグに意気込む。盛り上げ隊メンバー39人の中から9人の作家がマスク制作に参加。販売店のイメージに合わせたマスクを制作している。奈良優香さんは「市販のマスクで肌荒れしている人にも使いやすいと思います」とアピール。

 マスクは立体型とプリーツ型の2種類。サイズは子ども向けのSサイズから、女性向けのMサイズ、男性向けのLサイズ、LLサイズ。Sサイズは500円、他は600円(税込)。現在、川崎駅東口の商店街・銀座街の「愛知ふとん店」、銀柳街の衣料品店「加賀谷」、新川通の「人形工房はやしや」で販売中。

 4月20日から販売している愛知ふとん店では1カ月で約1200枚が売れた。店主の小林一三さんは「新型コロナウイルスの感染拡大防止とともに、地域の活性につなげていきたい」と話す。

 5月14日から販売を始めた人形工房はやしやの店主・小林誠さんは「店の雰囲気に合わせた和柄のマスクでいいと思う。商店街と地域の人が一緒に活動することもいい取り組みだ」と話した。

 福田さんは「コロナが落ち着いたら、マスクだけでなくエコバックなども作って統一感をだし、ブランド化できれば、町おこしにもつながる」と期待する。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

新体制スタート

RC・LC

新体制スタート 社会

7月3日号

収蔵品搬出、遅れて完了

市民ミュージアム

収蔵品搬出、遅れて完了 文化

23万点 開館めど立たず

7月3日号

県合唱コン リモート開催

県合唱コン リモート開催 文化

8月31日まで募集

7月3日号

腹話術続け日本一

腹話術続け日本一 文化

幸区東古市場のしろたにさん

7月3日号

福祉現場に役立てて

石川商事

福祉現場に役立てて 社会

地元特養に寄付金

7月3日号

新会長に中川氏

新会長に中川氏 社会

幸区町内会連合会

7月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク